メルマガバックナンバー

「営業」に嫌悪感を抱いてしまう理由。売る側もお客さんも幸せになるセールスとは?

 

こんばんは、島田萌子です^^

先日、スマホをiPhoneSE→iPhoneXRに買い換えて
契約も格安SIM→ソフトバンクに乗り換えました!

 

まだ前のスマホの契約期間が結構残っていたので
買い替えるつもりは無かったんですけど、

夫婦揃ってソフトバンクのお兄さんに
上手いことセールスされて買い替えました。笑

 

いや~、とにかくソフトバンクのお兄さんの営業スキルがすごくて!

勉強になるな~って思いながらセールスされてました。笑

 

今日は、そんなソフトバンクのスーパー営業マンから学んだ
売る側もお客さんも幸せになる
セールススキルについてシェアさせてください^^

 

夫婦でソフトバンクに乗り換えた話

iPhone

まずは、どんな経緯で
私たち夫婦がソフトバンクに乗り換えたのか
ということをお話しします。

事の発端は、
自宅のWi-Fiの速度が遅かったので
解約して別のWi-Fiに契約しようとしたこと。

 

夫が自宅のWi-Fiの解約と変更のために電気屋さんに行ったら
たまたまソフトバンクのお兄さんに声をかけられ、

Wi-Fiの変更に行ったのにスマホも変更して帰ってきて。

家のWi-Fiも別の会社で契約しようとしていたのに
ソフトバンクで契約することに。

 

その時ソフトバンクのお兄さんに
「奥さんのスマホの契約はどんな感じですか?」と聞かれて

夫が私の契約状況を大まかに話したところ、
「ソフトバンクで契約していただいたらもっと安くなると思うので
奥さんも今度連れてきてください!」と言われたとのこと。

 

それで次の週に私も一緒に行ってまんまと契約してきました。笑

うまいことセールスされたな~って感じですが

結果的に機種も新しくなって
Wi-Fiとスマホの毎月の通信料も安くなったので
良かったなと思ってます^^

ソフトバンクのお兄さんに
色々すごいと思うところはあったんですけど、
まとめると以下のような感じです!

 

ソフトバンクのスーパー営業マンに学ぶ営業スキル

①お客さんのことをちゃんと考えている

・しっかり悩みや状況をヒアリングして
ベストな契約状況を提案してくれた

・親身になって一緒に考えてくれた

 

②自信を持って勧めている

「ソフトバンクに乗り換えた方がお得になりますよ!」
という絶対的な自信と態度に安心感を感じた

 

③でも強引には感じさせない

丁寧な対応と親身になって話を聞いてくれる態度で
強引にセールスされているようには感じなかった

 

④結果的にお客さんもハッピーになっている

契約して毎月の利用料もお得になったし
スマホの機種も新しくなって夫婦共に満足^^

 

という感じ。

 

もともとスマホの契約会社の乗り換えや
買い替えすら考えていなかったのですが

ソフトバンクのお兄さんに声をかけてもらえて
良かったなって思ってます。

 

営業に嫌悪感を抱く理由

今回、ソフトバンクのお兄さんに営業してもらったことで
私たち夫婦は大満足だったのですが

一般的には、営業されるのって強引に感じたり
買わされて損するように思ってしまったりするので

「営業」ということ自体に
あまりいい印象を持っていない人って多いと思います。

 

実際、残念なことに
ただ売りつけて利益を得たいという気持ちで
セールスしている人もいると思います。

いらないと言っているのにしつこく営業されたりしたら
正直ウザいですよね。笑

 

そういう営業をされた経験があって
嫌な気持ちになったことがあるからこそ

自分が売る側になった時も
積極的に売りに行くのって難しかったりするんですよね。

お客さんに買ってもらうのを待つスタンスでいたりして。

 

私も、自分のサービスを売る立場になって
最初の頃は、自分から積極的に営業かけたら
嫌がられるんじゃないかなって思ってました。

 

でも「欲しいと思ったら買ってください」
という受け身のスタンスだと、

もともと欲しいと思っていた人には買ってもらえますが
商品をそもそもよく知らなかったり買うつもりがない人には
買ってもらえるわけがないんですよね。

 

それってお客さんにとっても
売る側にとってもマイナスじゃないですか?

お客さんもより良い価値を
手に入れられる機会を逃しているわけだし
売る側もなかなか利益が上がらない。

お互いに機会を損失していることになってしまいます。

 

売る側もお客さんも幸せになるセールスとは?

売る側は、自分がセールスすることによって
お客さんもハッピーになると確信しているのであれば
自信を持って積極的に売りに行くべきです。

お客さんのことを本当に考えていることが伝われば、
お客さんもいい商品に出会えてハッピーだし
売る側も買ってもらえてハッピーでWin-Winな関係を築けますよね。

お客さんが欲しいと思ってくれるのを待つのではなく
相手が想像もしていなかったような価値を提案して
幸せにできるようなセールスができれば

売り上げもどんどん上がるし
それだけ幸せになる人も増えます。

 

今回例に挙げたスマホの件も、
私たち買う側は
もともと契約を変更することは考えていなかったけれど

ソフトバンクのお兄さんに積極的に営業してもらったおかげで
より安く良いものが手に入って幸福度が増したわけです。

 

ありがた迷惑にならないためには

とはいえ
しつこいセールスは嫌がられる可能性もあるし

強引な営業だと感じられたら
逆にマイナスイメージを持たれてしまう場合もあるので
バランスが難しいところだなとも思います。

 

自分から営業をかけるのは結構大変だったりもしますし

断るのにもエネルギーがいるので
お客さんに無駄なエネルギーを使わせてしまうのも嫌ですよね。

 

どんなに自分の商品に自信を持っていて
買ったほうがいいと思っていたとしても

お客さんがいらないと思ったら
それは「ありがた迷惑」になってしまいます。

 

そこまでして売りたいかと言われたら
正直私は、そうではないです。

できれば自分も無駄なエネルギーは使いたくないし
お客さんにも無駄なエネルギーは使って欲しくない。

 

だから、
お客さんから興味を持ってもらえるような動線を作って

ちょっとでも興味を持ってもらった人や
迷っている人に対して後押しする感じで
アプローチするのがいいんじゃないかなと思います。

 

お客さんに興味を持ってもらうための動線

お客さんから興味を持ってもらうためには
・広告を出す
・本を出版する
などいろんな手段・方法があると思いますが

お金をかけずにできてオススメなのは
SNSやブログの発信ですね。

・インスタのハッシュタグ検索
・ツイッターのリツイート
・グーグルなどの検索エンジン

などなど
いろんな方法から知ってもらうことができます。

 

自分が発信していることを見つけてもらえれば

お客さんに嫌がられることなく
自分も無駄なエネルギーを使わずに集客を自動化できますよね。

 

そして興味を持ってくれた人に
ツイッターやインスタグラムをフォローしてもらえたり
メルマガやLINE@に登録してもらえたりしたら

今後も定期的に情報を提供することができます。

 

そうすると、発信に興味を持ってくれた人が
想像もしていなかったような情報を提供できたり
後押しすることもできるんです。

 

一度興味を持ってくれた人に対する営業は
嫌がられることってほとんどないと思います。

 

価値を受け取るか受け取らないかは相手次第ですが

自分がいいと思ったものを堂々とセールスして
お客さんをより幸せにできるような価値を提供していければ

売る側もお客さんもハッピーになるビジネスができるはずです^^

 

まとめ

長くなったので伝えたいことをまとめると、

売る側もお客さんもハッピーになるビジネスをするには

①まず自分の商品・コンテンツに自信を持つこと
(自信を持って勧められないのであれば、内容を考え直す必要あり)

②自分の商品・コンテンツがどんな人にとって必要か明確にし、
その相手に興味を持ってもらえるような仕組みを作る
(SNSやブログ集客がオススメ)

③興味を持ってくれた人(フォロワー)に対して積極的に営業(発信)する

ということが大切ですね!

 

私自身、お客さんも自分も幸せになるような
ビジネスをしていきたいなと考えています♪

もっと楽しく働きたい
もっと自由に働きたい
もっと豊かになりたい

そんな思いを抱えている人が
よりハッピーになれるような価値を提供していけるよう
学び続けて還元していくので受け取っていただけたら嬉しいです^^

 

もし「こんな情報知りたい!」ということや質問などありましたら
ぜひ教えてくださいね♪

 

P.S.

Twitterのアカウントを作成しました!

 

ブログアフィリエイトや自由な働き方についてツイートしていきます♪

よかったらフォローお願いします^^

 

 

新型iPhoneを安く買う方法!格安SIMからソフトバンクに乗り換えたらお得だった 新型iPhoneを安く手に入れるためにはキャリアの乗り換えがオススメな理由をご紹介します。 私は以前は格安SIM(UQ m...

 

メルマガバックナンバーはこちら

 

メルマガの購読はこちら↓