▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

【10記事で1発合格】グーグルアドセンス審査に合格した記事内容やカテゴリー【体験談】






萌子

こんにちは、島田萌子です!

私はグーグルアドセンスの審査に10記事で出して1発で合格することができました。

その時の体験談と、どんな記事ジャンルやカテゴリーで審査に出したのかということについてご紹介します!

目次

グーグルアドセンス審査に合格した内容・カテゴリー

私がグーグルアドセンスの審査に出した時は2018年の4月です。

その当時書いていた内容をご紹介します。

審査に出した時の内容

私がアドセンス審査に出した時に書いていた内容は「都内のカフェ」についてでした。

1つのジャンルに絞ったブログにした方が審査に合格しやすいと聞いていたので、都内のカフェに関する情報だけを書いて、それ以外の記事は書きませんでした。

具体的に書いていた内容としては、1つのカフェにつき1記事で、カフェの感想や混雑状況、メニューなどについてです。

タイトルは

「【銀座カフェ】〇〇(店名)の感想!ケーキがインスタ映えで可愛すぎる」

みたいな感じで書いていました。

審査に出した時のカテゴリー

カテゴリーは3つ作って、それぞれのカテゴリーにバランスよくなるように記事を書いていきました。

具体的には

  • 渋谷カフェ(3記事)
  • 品川カフェ(3記事)
  • 銀座カフェ(4記事)

という感じです。

なぜこの内容・カテゴリーにした?

なぜ私が都内のカフェについて書くことにしたのかというと、都内に住んでいてカフェ巡りが好きだったからです。

自分のオリジナルな感想や意見を織り交ぜたブログの方が審査に通りやすいので、自分が行ったことがあるカフェの感想なら書けるなと思いました。

また、記事に挿入する画像は著作権フリーの画像、あるいはオリジナルな画像を使っていくと良いんですが、私はカフェに行って自分で撮影した写真が何枚かあったので、その写真を使いました。

アドセンス審査は「運」?

明確な審査基準は明らかになっていない

年々審査の基準が厳しくなっていると言われているグーグルアドセンスの審査。

明確な審査の判断基準は明かされていませんが、合格しやすいブログの傾向は多くの人の検証である程度分かってきています。

ただ、実際3記事しか書いていないのに合格したという人もいれば、10記事以上書いているのに合格できない人も。

合格しやすいと言われている傾向通りのブログで審査に出しても落ちてしまうこともあるので、「運」のような要素もあるのかなと思っています。

落ちても再申請できる!

ちなみに私はこのブログにはアドセンス広告をほぼ貼っていないですが、検証のために審査に出してみたところ1度不合格になってしまい、2回目の審査では合格することができました。

ちなみに最初に審査に出した時の不承認の理由は「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」とのことでした。

1回目に審査に出した時の記事数の合計は15記事くらいでしたが、その後5記事ほど書き加えて合計20記事くらいになった時にもう一度審査に出してみたら、合格することができました。

カテゴリーのジャンルも記事の内容も特に統一していませんでしたが、記事数を増やしただけで合格できました。

3記事とかで合格している人もいるので、謎多きアドセンス審査・・・。

審査に落ちてしまったらショックですが、何度でも審査に出すことはできるので、サイトを修正したり記事を増やしたりしながら再度チャレンジしてみましょう!

まとめ

私がグーグルアドセンスの審査に10記事で出して1発で合格することができた時の体験談と、どんな記事ジャンルやカテゴリーで審査に出したのかということについてご紹介しました!

参考になれば嬉しいです^^

アドセンス審査に合格するための具体的な記事の書き方や、ブログアフィリエイトで稼げるようになるための知識についてはメルマガ読者限定のオンラインコンテンツ「Blogger’s way」にまとめています。

萌子

ぜひメルマガ特典のBlogger’s wayも参考にしてみてくださいね!

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる