アフィリエイト

【2019最新】グーグルアドセンス自動広告オススメの設定方法を解説

 

自動広告には「ページ内広告」「関連コンテンツ」「アンカー」「モバイル全画面」と4つの種類があります。

この記事では、グーグルアドセンスの自動広告で私のオススメの設定を解説します!

 

2019年の10月から自動広告の設定が新しくなりました。

それまではグーグルアドセンス審査用のコードが自動広告のコードとなっていましたが、2019年10月から仕様変更となり、審査時のコードが入っていなくても通常の広告ユニットのコードが1つでも入っているページが自動広告の配信対象となりました。

※過去のコードもそのまま使用可能なので変更しなくてもOKです。

 

グーグルアドセンス自動広告の設定方法

まずはGoogleアドセンスの自動広告の設定方法を解説します。

 

まだアドセンスのコードをサイトに貼り付けていない場合は、アドセンス管理画面の「広告」→「サマリー」のページで「コードを取得」をクリックして、コードをサイトの<head>内に貼り付けておきましょう。

 

 

※アドセンス審査時にサイトに貼り付けたコードを消したりしていなければ、新たにコードを取得して貼り付ける必要はありません。そのままにしておきましょう。

 

自動広告の設定をするには、アドセンス管理画面の「広告」→「サマリー」のページで、設定したいサイトURLの右側にある「鉛筆マーク(編集)」をクリックします。

 

ページ右上の自動広告が「オフ(グレーの状態)」になっている場合は、クリックして「オン」にしましょう。

 

右側の「広告のフォーマット」を開くと

  • ページ内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー
  • モバイル全画面

 

という項目が出てきます。

 

 

ここで、それぞれの広告の種類の「オン」「オフ」の設定を切り替えることができます。

 

ちなみに「既存の広告ユニットを最適化しますか?」という設定をオンにすると、手動で設置していた既存の広告もアドセンス側が自動的に最適化して広告を表示させます。

つまり全ての広告が自動広告になるというような感じですね。

 

 

記事内の広告は手動で設定しておいた方が良いと思うので、ここはオフでOKだと思います。

 

設定をオススメする自動広告

私が設定をオンにしておくことをおすすめするのは

  • ページ内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー

 

の3つです。

 

※「関連コンテンツ」は「ページ内広告」をオフにすると、連動して自動的にオフになります。

 

ページ内広告

ページ内広告は、サイトのタイトル下や、記事内の様々な場所に設置される広告です。

設定の時にプレビュー画面で、どのあたりに広告が表示されるのか確認することができます。

右上の方にあるスマホとPCのマークをクリックすると、それぞれのプレビューを見れます。

 

 

また、表示させたくない場所の広告は削除することも可能です。

個人的にはタイトル下の広告は、読者に嫌がられやすいですし見栄えも良くないので、削除しておくことをオススメします。

 

関連コンテンツ

「関連コンテンツ」はクリック率や収益性が高いと言われているので、設定しておきましょう。

 

↓このように記事の下に関連記事とともに、広告が表示されるというものです。

 

自動広告で設定できる関連コンテンツはスマホのみの表示で、PCには表示されないです。

 

PCでも表示されるように設定するには、ある一定の基準をクリアしなければなりません。

ちなみにPCで表示されると、以下のように出てきます。↓

 

 

関連コンテンツが使用できるできないの基準はグーグル側で公開されていませんが、サイトの記事数やアクセス数・収益によって判断されているようです。

 

関連コンテンツについての解説や設定方法は以下の記事を参考にしてみてください!

【グーグルアドセンス】関連コンテンツとは?自動広告との違いや設定方法 グーグルアドセンスの広告には「関連コンテンツ」というものがあります。 関連コンテンツは 誰でも自動広告で...

 

また、自動広告の関連コンテンツはGoogleがサイトの構成を分析して、効果的と判断した場合に表示される機能なので、絶対に表示される訳ではなく、表示されないこともあります。

 

アンカー

「アンカー」は、スマホで見た時に画面の上の方にチョロっと出てくる広告です。(下に出てくることもあります。)

 

設定をオススメしない自動広告

モバイル全画面

「モバイル全画面」は設定しない方が良いと思っています。

「モバイル全画面」は、記事をクリックするとスマホ画面いっぱいに広告が表示されてしまうので、読者に嫌がられやすいです。

読者が「広告ウザい」と思うとすぐに記事から離脱されてしまい、読んでもらえなくなる可能性もあるので設定しない方がいいと思います。

 

※「アンカー」もスマホで開いた時に嫌がる人もいるので設定しない方が良いという意見もありますが、全画面ほど主張も激しくないですし、私は設定してみて割と効果的だと思ったので設定しています。

 

まとめ

グーグルアドセンスの自動広告で私のオススメの設定を解説しました。

 

私が設定をオンにしておくことをおすすめするのは

  • ページ内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー

 

の3つで、「モバイル全画面」は設定しない方が良いと思っています。

 

ただ、「ここに表示させたくない」と思った自動広告の位置を設定で消しても、なかなか反映されなかったりもするので、サイトの見た目が崩れたり気になる場合は、手動広告のみの設定にしておいてもいいかなとは思います。

参考にしていただけたら幸いです^^

 

【グーグルアドセンス】広告を簡単に貼るプラグインWP QUADSの設定方法 グーグルアドセンスの広告を、記事の中の好きな位置へ簡単に貼れる便利なプラグインAdSense Plugin WP QUADSの設...

 

メルマガでは、ブログアフィリエイトで月に20万円以上の収入を得られるようになるための具体的なノウハウをまとめたコンテンツを1通目に無料でプレゼントしています。

自由に働いて豊かになるために私が何を考え、どう行動してきたのかということも発信しているので、ぜひ登録してみてください^^