アフィリエイト

これだけは書かない方がいい!3つのジャンル・内容【ブログアフィリエイト】

 

こんにちは、島田萌子です!

 

今回は、ブログアフィリエイトを実践していく上で「この内容は書かない方がいい」という3つのジャンルをお伝えします。

 

ブログを始めようと思った時、どんなジャンルで書いていこうかな?と迷いますよね。

ジャンル選びで失敗してしまうと、どんなに記事を書いても稼げない状況になってしまいます。

これだけはやめておいた方が良いよ!というジャンルをご紹介するので、ブログの方向性を決めるときのヒントにしていただけたらと思います。

 

どんなジャンルでブログを運営していこうか迷っている
書かない方が良いブログのジャンルを知っておきたい

という方は、ぜひ参考にしてみてください^^

 

これだけは書かない方がいい!3つのジャンル

 

結論から言うと、書かない方が良いブログのジャンルは

  1. YMYL
  2. 大手メディアばかり上位表示されてるキーワード
  3. 誰かを傷つける内容

の3つです。

順に具体的にお伝えしていきます!

 

①YMYL

1つ目は、YMYLです。

YMYLとは、Your Money Your Lifeの略で、お金や医療・健康など、人々の人生に大きな影響を及ぼすようなジャンルのことです。

Googleが記事を評価する基準として、EAT(専門性・権威性・信頼性)と言う3つの指標を重要視されるのですが、このYMYLに関しては、特に厳しくチェックされます。

 

  • 専門家が書いているのか
  • 正しい情報なのか
  • 信頼できる内容が書かれているか

などについて、厳重に評価されます。

 

というのも、どこの誰だか分からない個人が発信している医療に関する内容の記事を上位表示させてしまったら、その情報が万が一間違っていた場合、人々の命に関わる可能性があるからです。

例えば、「このサプリを飲めば癌が治ります!」というような信憑性のない情報を書いている記事があったとして、それが検索結果の上位に表示されてしまったら、多くの人が誤情報を目にしてしまうことになります。

情報を鵜呑みにしてサプリを買って、ちゃんとした治療を受けなければ、命に危険が及びますよね。

 

なので、医療に関する情報に関しては、お医者さんや薬剤師さんなど、専門知識がある人が書いている記事でなければ上位表示させないようにしているんです。

 

このように、人々の生活を大きく左右するような内容は、Googleは厳しくチェックします。

特に専門知識もなく、権威性を証明できない個人がYMYLジャンルの記事を書いたところで、上位表示もできないですし、アクセスも集められません。

なので、医療や健康・お金に関するようなジャンルは選ばない方がいいです。

 

具体的に何がYMYLジャンルに含まれるのかについては、Googleの検索品質評価ガイドラインのYMYLの項目に以下のように書かれています。

ニュースとイベント
国際イベント・ビジネス・政治・科学などの重要なトピックに関するニュース。(スポーツ、エンターテインメント、および日常のライフスタイルの話題を除く)

市民・政府・法律
市民生活を維持するために重要な情報。投票・政府機関・公的機関・社会サービス・法的問題(離婚や子供の監護、養子縁組、遺言の作成など)。

財務
投資・税金・退職金の計画・ローン・銀行・保険など。

ショッピング
商品やサービスの調査や購入に関する情報やサービス。人々がオンラインで購入できるようなWebページ。

健康・安全
医学的な問題・薬物・病院・防災についてのアドバイスまたは情報。

特定の集団
人種・民族・宗教・障害・年齢・国籍・退役軍人の地位・性的指向・ジェンダー。

その他
大きな決断や人々の生活の重要な側面に関連する話題。フィットネス・栄養・住居情報・大学の選択・職業選択や就職など。

基本的にはこのGoogleのガイドラインに書かれているようなジャンルの記事は書いても上位表示できないです。

 

ただ、フィットネスに関する情報でも、ジムの口コミだったり、内容によっては個人ブログでも上位表示できるキーワードもあります。

なので、まずは自分が書いていきたい内容のキーワードで実際に検索をしてみて、そのキーワードで個人ブログが上位表示できているかチェックしてみるのがオススメです。

 

もし専門家が書いているような記事ばかりが上位表示されているキーワードであれば、その内容は書かない方がいいでしょう。

 

②大手メディアばかり上位表示されてるキーワード

2つ目は、大手メディアばかり上位表示されているキーワードです。

YMYLジャンルではなくても、場合によっては大手のニュースサイトや企業が運営しているサイトばかりが上位表示されているキーワードもあります。

 

なのでこれも同じく、自分が書いていきたいと思っているキーワードで、一度Google検索してみるのがオススメです。

それで、個人ブログが1ページ目に表示されているのであれば書いていってOKですが、もし大手サイトばかりが上位表示されているのであれば、やめておいた方がいいですね。

 

ただ、1つのキーワードでは大手サイトばかりでも、複数組み合わせたキーワードであれば、個人ブログでも上位表示できる場合もあります。

例えば「バレンタイン」というキーワード単体では、高島屋や楽天、アマゾンなどの大手サイトばかりが上位表示されていますが、

「バレンタイン ラッピング 100均」という3語のキーワードでは、個人ブログも1ページ目に表示されています。

このように、複数のキーワードでの検索を狙えば個人ブログでも上位表示できる可能性もあるので、いろんなキーワードで検索してみて、ライバルチェックをしてから記事を書いていきましょう!

 

③誰かを傷つける内容

3つ目は、誰かを傷つける内容です。

これは言うまでもないですが、特定の誰かを誹謗中傷するような内容だったり、ネガティブな表現は避けた方がいいですね。

 

人はネガティブな内容の方が惹きつけられやすいという特性があるので、ネガティブなネタはアクセスを集めやすいです。

でも、たとえそっちの方が数字が伸びるとしても、心がザワザワしてしまうのであれば、自分自身の精神衛生上も良くないですし、長く続けられる稼ぎ方ではないはずです。

「誰かを傷つける内容になっていないか」というのは、発信する上で気をつけなければならないなと思います。

 

ブログに書くネタで迷った時は

  • 誰かを傷つける内容になっていないか
  • 自分の心がザワザワしないか

ということを判断基準にしてみてください。

 

ネガティブな内容じゃなくてもアクセスを集められる方法はありますし、長くブログ運営を続けていくには、心がザワザワしない平和な発信をおすすめします!

 

まとめ

ブログアフィリエイトを実践していく上で「この内容は書かない方がいい」という3つのジャンルをお伝えしました!

 

  1. YMYL
  2. 大手メディアばかり上位表示されてるキーワード
  3. 誰かを傷つける内容

ぜひこの3つを参考にしていただけたらと思います^^

 

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するためにどのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入を作る方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

 

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪