アフィリエイト

【サーチコンソールの設定】使い方やインデックス登録のリクエスト方法も解説

 

Googleサーチコンソールの登録方法や使い方、インデックス登録のリクエスト方法を解説します!

 

Googleサーチコンソールは、Googleが提供している無料のサイト管理ツールです。

記事のインデックス登録(検索結果に表示されるようになること)をリクエストしたり、記事がどんなキーワードで検索されているか知ることができたり、サイトに異常が起きた時に教えてくれます。

 

サイトを運営していく上で必須なので、最初に設定しておきましょう!

 

Googleサーチコンソールの登録方法

プロパティを追加

GoogleサーチコンソールにGoogleアカウントでログインし、「プロパティを追加」をクリック。

 

「URLプレフィックス」の方に自分のサイトのURLを入力し、「続行」をクリック。

※ここでは以下の4パターンのURLを登録する必要があります。

  1. https://〇〇
  2. https://www.〇〇
  3. http://〇〇
  4. http://www.〇〇

 

まずは①「https」のwwwなしのURL「https://〇〇」を登録します。

 

「その他の確認方法」の「HTMLタグ」を選択し、表示されているコードをコピーします。

 

コピーしたコードをサイトのheadタグに貼り付けます。

貼り付ける場所は使用しているテーマによって異なるため、自分が使っているテーマで検索して確認してみてください。

「JIN」のテーマを使用している場合のサーチコンソール設定方法はこちら

 

コードを貼り付けたら、サーチコンソールの「確認」ボタンをクリック。

 

「所有権が確認できました」と表示されればOKです。

 

「所有権が確認できませんでした」と表示されてしまう場合は、再度正しい手順で操作できているかチェックしてみて、それでもできなければ別の方法で試してみましょう。

 

アナリティクスやFTPソフト(FileZilla)で所有権の確認をする方法については以下を参考にどうぞ!

 

【サーチコンソール】アナリティクス・FTPソフト(FileZilla)で所有権を確認する方法 Googleアナリティクスや、FTPソフトFileZillaでサーチコンソールの所有権の確認をする方法についてご紹介します! ...

 

 

wwwあり・なし/http・https全てのURLを登録

続いて、

②https://www.〇〇

③http://〇〇

④http://www.〇〇

のURLも登録していきます。

「www」があるURLと「www」がないURLは別のサイトという認識をされてしまうので、Googleからの評価そのものが分散されてしまい、SEO効果が薄れてしまいます。

それだけでなく、重複コンテンツと評価を受けてしまいペナルティを受けてしまう恐れも。

「www」あり・なしは、どちらかに統一することでサイトの評価が統一され、SEO効果も期待できるので、「wwwなし」だけにアクセスできるように設定しておきましょう。

また、この時「http」と「https」の両方のURLも登録しておかなければ統一することができないので、合計4つのURLを登録する必要があります。

 

 

手順は同じで、サーチコンソールで「プロパティを追加」をクリック。

 

「URLプレフィックス」でURLを入力し、「続行」をクリック。

表示されたコードはすでに1回目に貼り付けてあるので、2回目以降ではコピペする必要はなく、そのまま「確認」をクリックします。

「所有権が確認できました」と表示されればOKです。

 

これを

②https://www.〇〇

③http://〇〇

④http://www.〇〇

全て行います。

 

優先するURLを設定

全ての登録ができたら、次に優先するURLを設定します。

 

新しいバージョンのサーチコンソールでは設定ができないので、新しいサーチコンソールを使っている場合は以前のバージョンに一度戻して設定する必要があります。

 

サーチコンソールの画面左下の「以前のバージョンに戻す」をクリックして戻します。

 

登録したURLが一覧で出てくるので、最初に登録した「https」で「www」なしの①「https://〇〇」のURLをクリックします。

 

画面右上の歯車のマークをクリックし、「サイトの設定」を選択。

 

「使用するドメイン」で「www」なしのURLにチェックを入れて「保存」をクリックします。

 

「変更が保存されました」と表示されればOKです。

 

優先する国を選択

続いて、優先して検索結果に表示させたい国を選択します。

日本語のサイトで日本人をターゲットにしている場合は「日本」で登録しておきましょう。

 

以前のバージョンのサーチコンソールの画面で「検索トラフィック」の「インターナショナルターゲティング」をクリック。

 

「ターゲットユーザーに地域」を「日本」に設定します。

 

インデックス登録のリクエスト方法

インデックス登録とは、サイトや記事がGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示されるようにすることです。

 

GoogleのAIが自動的にインデックス登録をしてくれるのですが、サイトを立ち上げて間もない頃は特に、インデックス登録されるまでに時間がかかってしまう場合が多いです。

Google XML Sitemapsを設定してGoogleサーチコンソールにサイトマップの登録をしておくと、サイトのインデックス登録のスピードを早めてくれます。

 

Google XML Sitemapsの設定方法についてはこちら↓

【プラグイン】Google XML Sitemapsの設定!サーチコンソールでサイトマップ作成 プラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法を解説します。 Google XML Sitemapsを...

 

また、手動でもインデックス登録をリクエストすることで、さらに早く登録してくれるので、記事投稿したらすぐにサーチコンソールでインデックス登録をリクエストしましょう。

 

Googleサーチコンソールの画面一番上の検索窓にインデックス登録したいURLを貼り付けます。

「インデックス登録をリクエスト」をクリック。

 

すでにインデックス登録されている場合は「URLはGoogleに登録されています」と表示され、まだインデックス登録されていない場合は「URLはGoogleに登録されていません」と表示されます。

 

※インデックス登録をリクエストしても、インデックス登録されるまで時間がかかることもあります。

 

まとめ

Googleサーチコンソールの登録方法や使い方、インデックス登録のリクエスト方法を解説しました!

 

何か分からない点がありましたら、こちらから私にお問い合わせくださいね。

ブログアフィリエイトの具体的な実践方法やブログで稼ぐためのノウハウについては、このサイトの他の記事でも紹介しているのでぜひ読んでみてください!

メルマガでも情報を発信しているので登録していただけたら嬉しいです♪