アフィリエイト

ブログのカテゴリーの決め方・分け方のポイント!具体例で解説

ブログのカテゴリーの決め方

 

「これからブログを作っていきたいけど、カテゴリーの分け方が分からない」「どうやってカテゴリーを決めたらいいの?」という方に向けて、ブログのカテゴリーを決めるときのポイントを解説します!

 

 

どんなブログを作るのかテーマを決める

カテゴリーは、記事を書き始める前にあらかじめ決めておくことをオススメします。

記事を書き始めてからその都度カテゴリーを決めていくと、カテゴリーに統一感がなくなってしまったり、やたらとカテゴリーが多くなってしまったり、ややこしいことになりかねません。

実際私は一番最初にブログを運営したときは、カテゴリーを後からどんどん増やしすぎて、ゴチャゴチャになってしまったことがあります。

あらかじめカテゴリー分けを考えておくことで、スッキリ整理整頓されたブログを作りやすくなるはずです!

 

まずはアドセンス審査に向けてテーマを絞ろう

Googleアドセンスの審査に出すのであれば、審査に合格しやすいように設定していく必要があります。

 

アドセンス審査に合格しやすいブログの特徴として

  • 1つのテーマに特化されているブログ
  • それぞれのカテゴリーでバランスよく記事を書いている

 

ということが言われています。

 

1つのテーマに特化する

「1つのテーマに特化されているブログ」とは、グルメ・美容・子育てなど、幅広いテーマについて書いているブログよりも、グルメに特化したブログの方が審査に合格しやすいということです。

 

それぞれのカテゴリーでバランスよく書く

「それぞれのカテゴリーでバランスよく記事を書いている」とは、例えば「渋谷カフェ」「新宿カフェ」「銀座カフェ」というカテゴリーを作ったとしたら

渋谷カフェ:1記事

新宿カフェ:2記事

銀座カフェ:10記事

という感じではなく、

渋谷カフェ:3記事

新宿カフェ:3記事

銀座カフェ:3記事

というように、カテゴリー内の記事数がそれぞれバランスよくなるようにした方が審査に合格しやすいです。

 

まずはアドセンス審査に向けて1つに特化したテーマを考え、その中でバランス良く記事を書いていけそうなカテゴリーを考えておきましょう。

 

アドセンス審査合格後のカテゴリー分け

アドセンス審査に合格できたら、1つのジャンルに特化したブログにする必要はありません。

そのまま1つのジャンルを書いていく「特化ブログ」にしてもいいですし、いろんなジャンルの記事を書いていく「雑記ブログ」にしてもOKです。

審査合格後に、これからどんなジャンルの記事を書いていくのか考えて、思いつく限りあらかじめカテゴリー分けして決めておくのがおすすめです。

 

ちなみに、ワードプレスでカテゴリーを分けるときは「親カテゴリー」の中にさらに「子カテゴリー」を作って、階層構造に分類することができます。

親カテゴリーと子カテゴリーを作った方が分かりやすい場合は、親と子のカテゴリーを作っておくと良いですね。

以下にカテゴリー分けの具体例をご紹介します!

「こんな感じで分けるのか」という一例として参考になれば幸いです。

 

特化ブログにする場合のカテゴリー具体例

グルメ系の特化ブログを運営していく場合のカテゴリー分けの具体例をご紹介します。

●親カテゴリー
・子カテゴリー

●東京カフェ
・渋谷カフェ
・新宿カフェ

●レシピ
・和食レシピ
・洋食レシピ

●イベントグルメ
・バレンタイン
・クリスマス

 

雑記ブログにする場合のカテゴリー具体例

雑記ブログを運営していく場合のカテゴリー分けの具体例をご紹介します。

●親カテゴリー
・子カテゴリー

●グルメ
・カフェ
・レシピ

●ドラマ
・ロケ地
・衣装

●芸能
・女優/俳優
・アイドル

 

ブログのカテゴリーの決め方・分け方のポイント

ここからは、ブログのカテゴリーを決めるときに意識しておいた方がいいことやポイントをご紹介します!

細かく分けすぎない

カテゴリーを細かく分けすぎると、ややこしくなります。

カテゴリーを細かく分けてどんどん増やしていくと、記事を書いたときに「この記事はどのカテゴリーに分類すればいいんだ?」と迷ってしまいますし、読者から見ても分かりにくいです。

なるべくシンプルにまとめられるように、カテゴリーを考えていきましょう。

 

SEOを意識してキーワードを含める

ブログ記事のタイトルや見出しに、検索で上位表示させたいキーワードを入れることで、そのキーワードのSEO効果が高まる(上位表示させやすくなる)と言われています。

カテゴリー名にも上位表示させたいキーワードを入れることでSEO効果を高められるので、カテゴリーページの上位表示が期待できます。

なのでカテゴリーを決めるときは、検索で狙うキーワードをなるべく入れるように意識して決めましょう。

例えば、カフェについての特化ブログを運営していくのであれば「カフェ」と言うキーワードで上位表示させたいので、「渋谷」「新宿」というカテゴリー名にするよりは、「渋谷カフェ」「新宿カフェ」というカテゴリー名にした方がいいです。

 

読者に分かりやすいように決める

記事を書くときもそうですが、カテゴリーを決めるときも「読者目線」を忘れないようにしなければなりません。

例えば、オシャレな感じにしたいからと言って「shibuya cafe」「shinjuku cafe」みたいに英語のカテゴリーにすると、読者に分かりにくいと思われるかもしれません。

SEOを意識するあまりキーワードを詰め込みすぎて「渋谷カフェ・レストラン・お店・居酒屋・飲食店・ランチ・ディナー」みたいに、1つのカテゴリー名にたくさんキーワードを入れすぎるのもNGです。

「読者が見たときに分かりやすいか」を一番に考えてカテゴリーを決めましょう!

 

1記事に複数のカテゴリーを設定しない

1記事を複数のカテゴリーに設定するのは、SEO的に良くないです。

Googleなどの検索エンジンは、パンくずリストを利用してブログの構造を取得していると言われていますが、1つの記事に複数のカテゴリーを設定しても、パンくずリストに表示されるカテゴリーは1つだけです。

なので、よりSEOに効果的だと思うカテゴリー名1つに絞るようにしましょう。

パンくずリストはSEOに効果あり!テーマJINの設定方法を解説【5秒で完了】 「パンくずリスト」とは?設定した方がいいの?という方に向けて、パンくずリストのメリットと設定方法について、簡単にご紹介します! ...

 

例えば「【クリスマスに恋人と行きたい!】渋谷の〇〇カフェ」というタイトルの記事を書いたとします。

「渋谷カフェ」「クリスマス」というカテゴリーがあったとしたら、この記事の場合どちらのカテゴリーを設定しようか迷いますよね。

ここで両方のカテゴリーを設定してしまうのはよくないので、「渋谷カフェ」か「クリスマス」のどちらのキーワードがより記事の内容にぴったりか考えて、「この記事はクリスマス限定の内容だし、クリスマスのカテゴリーにしよう」という感じで決めていきます。

 

「その他」「未分類」などのカテゴリーはNG

「その他」や「未分類」などのカテゴリーを設定してしまうのはNGです。

「未分類」はワードプレスのデフォルトでカテゴリーとして含まれていますが、記事を「未分類」には入れないようにしましょう。

「その他」「未分類」の中にどんな記事が入っているのか分かりにくいですし、読者もそのようなカテゴリーをクリックしようとは思わないですよね。

読者にとっても不親切ですし、SEO的にも良くないです。

カテゴリーは「SEOを意識してキーワードを入れる」「読者に分かりやすいように決める」ということを意識しましょう。

 

ワードプレスでのカテゴリーの設定方法

最後に、ワードプレスでカテゴリーを設定する方法について解説します。

ワードプレスダッシュボードの「投稿」→「カテゴリー」をクリックすると、カテゴリーの設定ページが開きます。

 

 

ここで、新規カテゴリーを追加したり、親カテゴリーを設定したりすることができます。

 

また、記事を投稿するときにカテゴリーを設定するときは、記事編集画面の右側にある「カテゴリー」で、あらかじめ作ってあるカテゴリーにチェックを入れます。

 

カテゴリー

 

ここで「新規カテゴリーを追加」から、新しいカテゴリーを作ることも可能です。

 

まとめ

「これからブログを作っていきたいけど、カテゴリーの分け方が分からない」「どうやってカテゴリーを決めたらいいの?」という方に向けて、ブログのカテゴリーを決めるときのポイントを解説しました!

 

まずは「どんなブログを作っていくのか」を考えて、記事を書く前にカテゴリーを考えておくのがいいですね。

 

そしてカテゴリーを考えるときは、ぜひ

  • 細かく分けすぎない
  • SEOを意識してキーワードを含める
  • 読者に分かりやすいように決める
  • 1記事に複数のカテゴリーを設定しない
  • 「その他」「未分類」などのカテゴリーはNG

 

以上のポイントを意識されてみてください^^

 

メルマガでは、ブログで月に20万円以上の収入を得られるようになるための具体的なノウハウをまとめたコンテンツを1通目に無料でプレゼントしています。

自由に働いて楽しみながら豊かになるための情報も発信しているので、ぜひ登録してみてください♪