▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

ブログのカテゴリーの決め方・分け方の5つのポイント!特化・雑記の具体例も






萌子

こんにちは、島田萌子です!

今回は、ブログのカテゴリーの決め方・分け方について解説していきます!

 

これからブログを作っていきたいけど、カテゴリーの決め方が分からない

 

どうやってカテゴリーを分ければいいの?

という方に向けて、ブログのカテゴリーを決めるときのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてみてください♪

島田萌子の経歴

  • 2018年4月:保育士を退職&ブログ実践開始
  • 2018年10月:ブログで月収約25万円達成
  • 2019年1月:ブログと情報発信で月収100万円達成
  • 2019年:年収1000万円を達成

詳しいプロフィールはこちら

目次

ブログのカテゴリーを考えるべきタイミング

カテゴリーはブログを立ち上げた段階で、あらかじめ決めておきましょう!

記事を書き始めてからその都度カテゴリーを決めていくと、

  • カテゴリーに統一感がなくなってしまったり
  • カテゴリーがどんどん増えすぎてしまったり

と、ややこしいことになりがちです。

萌子

私は最初にブログを運営したときに、カテゴリーを後からどんどん増やしすぎて、ゴチャゴチャになってしまったことがありました・・。

あらかじめカテゴリー分けを考えておくことで、スッキリと整理整頓されたブログを作りやすくなるはずです!

どんなブログを作るのかテーマを決めよう!

「どんな内容の記事を書いていくのか」が定まらなければ、カテゴリーを分けられないので、まずはブログのテーマを決めていきましょう。

まずはアドセンス審査に向けてテーマを絞ろう

Googleアドセンスの審査に出すのであれば、審査に合格しやすいようなブログをつくっていくことが大切です。

アドセンス審査に合格しやすいブログの特徴としては、

  • 1つのテーマに特化しているブログ
  • カテゴリー内の記事数が充実している

と言われています。

1つのテーマに特化しているブログ

アドセンス審査では、幅広いテーマについて色々と書いているブログよりも、1つのジャンルに特化したブログの方が審査に合格しやすいです。

  • グルメ・美容・子育てなど幅広いジャンルを書く
  • グルメに絞って書く

カテゴリー内の記事数が充実している

カテゴリー内に1記事〜2記事しかないと、「コンテンツが不十分」だとGoogleから判断されてしまう可能性があります。

そのため、カテゴリーを作ったら、そのカテゴリー内に少なくとも3記事以上は記事を書いていきましょう!

例えばグルメ系のブログで10記事でアドセンス審査に出すとしたら

  • 渋谷カフェ:6記事
  • 新宿カフェ:3記事
  • 銀座カフェ:1記事

このように、記事数が少ないカテゴリーがあるのはNGです。

  • 渋谷カフェ:4記事
  • 新宿カフェ:3記事
  • 銀座カフェ:3記事

というように、それぞれのカテゴリー内の記事数を充実させられるように考えていきましょう!

萌子

まずはアドセンス審査に向けて1つのジャンルに特化したテーマを決めて、その中でバランス良く記事を書いていけそうなカテゴリーをかんがえておきましょう!

アドセンス審査合格後のカテゴリー分け

アドセンス審査に合格できたら、1つのジャンルに特化したブログにする必要はありません。

そのまま1つのジャンルを書いていく「特化ブログ」にしてもいいですし、いろんなジャンルの記事を書いていく「雑記ブログ」にしてもOKです!

審査合格後には、どんなジャンルの記事を書いていくのか考えて、あらかじめカテゴリーを決めておくのがオススメです。

もちろん、あとから「こんなジャンルも書いてみようかな」と思ったら新しいカテゴリーを加えていくのもOKですが、最初に分かる範囲でカテゴリーを決めておいたほうが、やりやすいです。

ちなみに、ワードプレスでカテゴリーを分けるときは「親カテゴリー」の中に「子カテゴリー」を作ることもできます。

「子カテゴリー」はなくてもOKですが、親カテゴリーと子カテゴリーを作った方が分かりやすい場合は、どちらも作っておくと良いですね。

グルメ系の特化ブログにする場合のカテゴリー具体例

●カフェ
・渋谷カフェ
・新宿カフェ

●レシピ
・和食レシピ
・洋食レシピ

●イベント
・バレンタイン
・クリスマス

  • ●=「親カテゴリー」
  • ・=「子カテゴリー」

雑記ブログにする場合のカテゴリー具体例

●グルメ
・カフェ
・レシピ

●ドラマ
・ロケ地
・衣装

●芸能
・女優/俳優
・アイドル

  • ●=「親カテゴリー」
  • ・=「子カテゴリー」
萌子

「こんな感じで分けるのか」という一例として参考にしてみてください♪

ブログのカテゴリーの決め方・分け方のポイント

ブログのカテゴリーを決めるときに意識しておいた方がいいことやポイントを5つご紹介します!

①細かく分けすぎない

カテゴリーを細かく分けすぎると、どんどんカテゴリーが増えてきて、ややこしくなります。

記事を書いたときに「この記事はどのカテゴリーに分類すればいいんだ?」と迷ってしまいますし、読者から見ても分かりにくいです。

例えば、カフェに特化したブログであれば

  • 渋谷カフェ
  • 新宿カフェ
  • 銀座カフェ

というように地名で具体的に分けたカテゴリーをつくっても良いと思いますが、

いろんなジャンルを書いていく雑記ブログで、このように地名ごとのカフェに分けてカテゴリーを作っていたら、全体のカテゴリーの数が膨大になってしまいます。

そのため、雑記ブログなら

  • 飲食店
  • 美容
  • 子育て

くらいのざっくりした分け方でOKです。

萌子

なるべくシンプルにまとめられるようなカテゴリーを考えていきましょう!

②SEOを意識したキーワードも含める

カテゴリーにも、検索結果で表示させたいキーワードを入れておくと、SEOに効果的です。

なのでカテゴリーを決めるときは、検索されたいキーワードをなるべく入れるようにしましょう!

例えば、カフェの特化ブログを運営していくのであれば「カフェ」というキーワードで自分のブログを上位表示させたいですよね。

その場合、

  • 渋谷
  • 新宿

というカテゴリー名にするより、

  • 渋谷カフェ
  • 新宿カフェ

というように「カフェ」というキーワードを含めたカテゴリー名にしたほうがいいです。

そうすることで、カテゴリーページを検索で上位表示させられる可能性も高まります。

③読者に分かりやすいように決める

記事を書くときだけでなく、カテゴリーを決めるときも「読者目線」を忘れないようにしましょう!

例えば、オシャレな印象にしたくて

  • Shibuya cafe
  • Shinjuku cafe

みたいに英語のカテゴリーにすると、読者にとってはちょっと分かりにくいですよね。

また、SEOを意識するあまりキーワードを詰め込みすぎて

  • 渋谷のカフェ・レストラン・お店・居酒屋・飲食店・ランチ・ディナー

みたいに、1つのカテゴリー名にたくさんキーワードを入れすぎるのもNGです。

萌子

「読者が見たときに分かりやすいか」を一番に考えて、カテゴリーを決めましょう!

④1記事に複数のカテゴリーを設定しない

1記事に複数のカテゴリーを設定するのは、SEO的には良くないです。

例えば「【クリスマスに恋人と行きたい!】渋谷の〇〇カフェ」というタイトルで記事を書いたとします。

このとき「渋谷カフェ」「クリスマス」というカテゴリーがあったとしたら、この記事の場合、どちらのカテゴリーを設定しようか迷いますよね。

ここで両方のカテゴリーを設定してしまうのはNG。

「渋谷カフェ」「クリスマス」のどちらのキーワードがより記事の内容にぴったりか考えて、「この記事はクリスマス限定の内容だし、クリスマスのカテゴリーにしよう」という感じで決めていきます。

Googleなどの検索エンジンは、パンくずリストを利用してブログの構造を取得していますが、1つの記事に複数のカテゴリーを設定しても、パンくずリストに表示されるカテゴリーは1つだけです。

萌子

適切だと思うカテゴリーを1つだけ設定するようにしましょう!

パンくずリストについてはこちらも参考に!

あわせて読みたい
パンくずリストとは?SEOに効果あり!設定方法を解説【5秒で完了】 「パンくずリスト」とは?設定した方がいいの?という方に向けて、パンくずリストのメリットと設定方法について紹介します! https://youtu.be/tK76dw-AdU4 【パンくず...

⑤「その他」「未分類」などのカテゴリーはNG

「その他」や「未分類」などのカテゴリーを設定するのはNGです。

「未分類」はワードプレスにデフォルトでカテゴリーとして含まれていますが、記事を「未分類」には入れないようにしましょう。

「その他」「未分類」の中にどんな記事が入っているのか分かりにくいですし、読者もそのようなカテゴリーをクリックしようとは思わないですよね。

萌子

読者にとっても不親切ですし、SEO的にも良くないです。

ワードプレスでのカテゴリーの設定方法

最後に、ワードプレスでカテゴリーを設定する方法について解説します。

ワードプレスダッシュボードの「投稿」→「カテゴリー」をクリックすると、カテゴリーの設定ページが開きます。

ここで、新規カテゴリーを追加したり、親カテゴリーを設定したりすることができます。

また、記事を投稿するときには、記事編集画面の右側にある「カテゴリー」で、あらかじめ作ってあるカテゴリーにチェックを入れます。

萌子

「親カテゴリー」「子カテゴリー」両方作っている場合は、「子カテゴリー」のみにチェックを入れましょう!

ここで「新規カテゴリーを追加」から、新しいカテゴリーを作ることも可能です。

まとめ

ブログのカテゴリーを決めるときのポイントを解説しました!

まずは「どんなブログを作っていくのか」を考えて、記事を書く前にカテゴリーを考えておくのがいいですね。

そしてカテゴリーを考えるときは、

  1. 細かく分けすぎない
  2. SEOを意識してキーワードを含める
  3. 読者に分かりやすいように決める
  4. 1記事に複数のカテゴリーを設定しない
  5. 「その他」「未分類」などのカテゴリーはNG

この5つのポイントを意識してみてください^^

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するために、どのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入をつくる方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる