▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

ブログを早く書くコツ!記事執筆スピードが爆上がりする方法を7つ紹介






こんにちは、島田萌子です!

今回は、記事執筆スピードが爆上がりする方法を7つ紹介していきます!

もっと早く記事を書けるようになりたいです
記事を書くのに時間がかかってしまって、どうしても1日1記事が限界です

というご相談をいただくことはよくあります。

ブログを書くスピードは、沢山記事を書いて慣れていくうちに、どんどん早くなっていくものです。

早く書こうとしすぎるあまり、記事のクオリティが下がってしまうのもよくないですし、最初から早く書けないのは当たり前なので、焦らずコツコツ続けていくことも大事です。

ですが、なるべく早く書けるように工夫できることもありますし、私も記事を早く書いていけるよう、色々と試行錯誤してきました。

以前の私は、1日2記事でいっぱいいっぱいだったんですが、

ブログを3年以上続けた現在では、特に予定が入っていなければ、2000文字〜5000文字程度の記事を、1日3~4記事ほど書けるようにもなりました。

では、私が記事を早く書くために意識していることや、工夫してきたことなどを7つご紹介していきたいと思います!

島田萌子の経歴

2018年3月:保育士を退職

2018年4月:ブログアフィリエイトの実践開始

2018年10月:ブログアフィリエイトで月収約25万円達成

2019年1月:ブログと情報発信で月収100万円達成

2019年11月:情報発信で月収600万円達成

2019年:年収1000万円を突破

▶︎詳しいプロフィールはこちら

目次

ブログを早く書くコツ!記事執筆スピードが爆上がりする方法

結論から言うと、ブログを早く書くコツは

  1. ネタ探しは隙間時間に
  2. 最初に全体の構成を考える
  3. まずは書き終えて後から調整する
  4. 制限時間を決めておく
  5. ブラインドタッチを習得する
  6. 音声入力を使ってみる
  7. 集中できる環境を整える

の7つです。

順に具体的にお伝えしていきます!

①ネタ探しは隙間時間に

いざ「ブログを書き始めよう!」と思ってPCを開いてからネタ探しをするのは、時間がもったいないです。

以前の私は、ネタ探しだけで1時間ほど時間を使ってしまったりして、なかなか記事執筆に取りかかれない状況が何度もありました。

今では、日頃から意識的にブログのネタを探すつもりで過ごして、思いついたときにメモ帳にストックしています。

なので、ほとんどネタ切れすることはないですし、ブログを書く時には、PCを開いたらすぐに記事執筆に取り掛かることができています。

電車に乗っている時にスマホでネタをリサーチしたり、

お風呂に入っている時に「どんな記事書こうかな」とアイデアを考えたり、

隙間時間を有効活用していきましょう。

そうすることで、1日に書ける記事の数を増やしていけるはずです。

②最初に全体の構成を考える

ブログを書くときは、まず最初に全体の構成を考えて、見出しを作ってから書き始めることをお勧めします。

全体の構成を考えずに、いきなり冒頭から書き始めていくと、途中で「この先は何を書こうかな?」と手が止まってしまいがちですが、

最初に構成を考えておけば、スムーズに書き進めることができます。

それに、全体的な構成を作った上で執筆していくことで記事にまとまりができるので、分かりやすく読みやすいブログになるはずです。

ぜひ最初に見出しを作ってから、書き始めてみてください。

また、テンプレートを作っておくのもオススメです。

記事のジャンルや内容にもよって構成は変わってきたりもしますし、全部に同じようなテンプレートを当てはめるのは難しいですが、例えば

  • 検索者の疑問を代弁
  • 検索者の疑問に対する回答
  • 世間の声や意見・口コミ
  • まとめ

というような感じで、どんな見出しの流れで記事を書いていくのか、大まかにテンプレートを決めておくことで、スムーズに見出しを作っていくことができるはずです。

③まずは書き終えて後から調整する

私は、記事を書き始めたら、基本的に手を止めることはありません。

止まったら死ぬマグロか!ってくらい、とにかく勢いに任せて手を動かし続けてます。笑

以前に、コンサル生さんが

「書いている途中で、何を書こうか考えて頻繁に5分〜10分くらいフリーズしてしまって、記事を書くのに時間がかかってしまいます」

と言っていたのですが、手を止めたまま考えていても、なかなかアイデアって出てこないと思うんですよね。

最初から完璧な記事・分かりやすい文章を書こうとすると、ハードルが上がってしまって、なかなか先に進めないという状況になってしまいます。

なのでまずは「とにかくなんでも良いから書き終える」ってくらいのつもりで、どんどん書いていくのが良いと思います。

一度書き終えたら、後から全体的に見直して、修正していけばOKです。

その方が早く進むはずなので、やってみてください♪

④制限時間を決めておく

記事を書き終えるタイムリミットを設定しておくのもオススメです。

私は、いつも「何時までにこの記事を書き終える」という時間を決めて、記事執筆に取り掛かっています。

時間を決めずにいるとダラダラと書いてしまいがち。

タイムリミットがあると、「その時間内で集中して書こう」という気持ちになれますし、記事を書くスピードも早くなると思います。

⑤ブラインドタッチを習得する

私はブラインドタッチができるので、タイピングは結構早いです。

たぶん、喋るのとほぼ同じくらいのスピードで入力できてると思います。

必須ではないですが、できた方が記事執筆のスピードは早くなるはずです。

覚えてしまえば忘れることはないので、一度ブラインドタッチを覚えてみると良いかもしれません。

ちなみに、私は小学生の頃に通っていた英語のスクールで、なぜかブラインドタッチで英語のタイピングを習う機会があって、そこから、できるようになりました。

指の位置を覚えれば良いだけなので、そんなに難しくないですし、習得するのにも、そこまで時間はかからないと思います。

これからずっとブログを続けていくことを考えると、一度ブラインドタッチを覚えてみるのもオススメです!

⑥音声入力を使ってみる

どうしてもタイピングに時間がかかってしまうという場合は、音声入力の機能を使ってみるのも良いかもしれません。

私も一度、MacBookの音声入力の機能を使ってブログを書いてみたことがあるのですが、私の場合はタイピングした方が早いなと思いました。

変換ミスがあったり、後から修正する手間は多少かかります。

ですが、音声入力の機能を使って、記事を書くのが速くなったと言っていた人もいるので、一度試してみるのもオススメです。

⑦集中できる環境を整える

記事執筆に集中できるような環境を整えることも大事だと思います。

私はブログを書くときに限らず、目の前の作業に全力で集中したいと思っているので、スマホやPCの通知は全部オフにして、気が逸れないようにしています。

また、以前はテンション上げるために音楽を聴きながら記事を書いていたこともありましたが、音楽の方に気を取られて、いまいち集中できない感じがしたので、

今は音楽をかけながらとか、ながら作業する事はなくなりました。

集中して記事執筆に取り掛かれる環境を作ることで、早く書き終えられるようになると思います!

まとめ

記事執筆スピードが爆上がりする方法を7つ紹介しました!

  1. ネタ探しは隙間時間に
  2. 最初に全体の構成を考える
  3. まずは書き終えて後から調整する
  4. 制限時間を決めておく
  5. ブラインドタッチを習得する
  6. 音声入力を使ってみる
  7. 集中できる環境を整える

取り入れられそうなことは、ぜひ実践してみてください♪

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するためにどのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入を作る方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる