ワークライフスタイル

【”努力”が最短ルートです】早く結果を出したいなら、”心地よさ”は一旦捨てよう

 

こんにちは、島田萌子です!

 

この記事では「早く結果を出したいなら、心地よさは一旦捨てるべき」ということについてお伝えします。

 

「早く結果を出すことよりも、自分にとって心地よいペースで続けていくことの方が大事」と思うなら、無理に負荷をかけなくても、のんびり進んでいくのもOKです。

ですが、のんびり進んでいてなかなか結果が見えてこないと、その状況に苦しくなってきて逆にモチベーションが続かない人もいると思います。

 

もしあなたが今取り組んでいることに対して

なかなか成果が出なくて苦しい
早く結果を出せるようになりたい

と思っているなら、ぜひこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

最短の結果を求めるなら、負荷をかける必要がある

私は、自分のビジネスとダイエットを通して「早く結果を出したいなら、心地よさは一旦捨てた方がいいな」ということに気づきました。

具体的な経験談のエピソードを通じて、その理由をお伝えしていきたいと思います。

 

ビジネス経験でのエピソード

 

まずは、私のビジネスの経験でのエピソードをお伝えします。

 

私は以前は保育士として働いていたんですが、雇われる働き方が息苦しくて起業して自由な働き方を始めました。

自分次第で好きな時に好きな場所で自分のペースで仕事ができるようになって、のんびり仕事をしていたんです。

 

起業したばかりの頃は「自分に負荷をかけて仕事をするよりも、楽しく働くことが一番大事!」と思って、心地よいペースでやる気が出た時にだけ仕事する、という感じでやっていました。

最初はそれでも良かったのですが、やっぱり作業量が少なかったので、なかなか成果が見えてこなくて、その状況が精神的に苦しくなってきたんです。

 

そこで、早く成果を出したいなら、もっと作業量を増やして行動する必要があると気づいて、やる気が出ない時にも行動を積み重ねていくようになりました。

 

やる前は「面倒だな」という気持ちになることも時にはありましたが、そういう時にも自分を奮い立たせて、

とにかく行動を続けるという気持ちでやっていったことで、徐々に成果も見えてくるようになったんです。

 

成果が見えてきた方がモチベーションも上がりますし、多少自分に負荷をかけて頑張ったあとは、達成感もあります。

頑張った自分に、自信を持てるようにもなるんです。

 

この経験から、私は「多少の負荷をかけてやった方が、逆に楽しくなる」ということに気づきました。

 

ダイエット経験でのエピソード

 

続いて、私のダイエット経験でのエピソードについてもお伝えしていきます。

ビジネスの経験から「多少の負荷をかけてやった方が早く成果も出るし、メンタル的にもそっちの方がいい」ということを学んだはずでしたが、ダイエットでも私はまた同じことを繰り返しました。笑

 

私は「美味しいものを食べること」が趣味の1つで、ハンバーガーとかスイーツとかポテトチップスとか、高カロリーのものが大好きです。

なので我慢して食事制限すると、食べられないものが多くてストレスになるだろうと思って、あまりストイックにはやりすぎないようにしようと思っていました。

 

食べたいものを「普段よりちょっと少なめ」の量で食べてダイエットしている気になっていたんです。

 

だけどやっぱり高カロリーなものを食べているので、なかなか痩せなくて。

自分的にはダイエットしているつもりだったのに全然結果が出てこなくて、それが逆にストレスになってきました。

 

そこで私は、「このやり方じゃ、なかなか痩せない」と気づいて、もっと本格的に食事制限を始めて、甘いものや炭水化物を控えたり食事の量も制限していきました。

 

そうすることで徐々に体重にも変化が出てきて、結果が見えるようになってきたんです。

 

お腹が空いて夜中に目が覚めたこともありましたし、食べたいものを我慢するのはキツく感じられたこともありましたが、それでも結果が出てくるとモチベーションも上がります。

 

やっぱり、のんびりやってなかなか成果が見えないより、多少負荷がかかってもストイックにやった方が自分には合っているなと改めて気づきました。

 

心地よさは一旦捨てても、後から取り戻せる

 

何事においても、結果を出すにはそれなりの負荷をかける必要があります。

 

筋トレでも、何の重さも感じないダンベルを持ち上げていてもなかなか筋肉はつかないですが、少し重く感じるダンベルでトレーニングをすることで筋肉がついていきます。

最初は筋肉痛になったりキツく感じられることもありますが、継続していくうちに「重い」と感じていたダンベルも、最初の頃に比べて軽々と持ち上げられるようになったりしますよね。

 

ある程度負荷をかけてやっていかなければ成果は出ませんが、続けていくうちに最初に「負荷」だと思っていたものが、なんとも感じなくなってくるんです。

最初の頃はキツくても、徐々に心地よいペースだと感じられるようにもなってくるはず。

 

なので結果を出すためには、最初は「心地よさ」は一旦捨てる覚悟を持ってやって、「心地よさ」を取り戻せるように継続して慣れていくのがおすすめです!

 

まとめ

「早く結果を出したいなら、心地よさは一旦捨てるべき」ということについてお伝えしました。

 

最初はキツイと感じても、結果が出た方がモチベーションも続きやすいですし、徐々にキツイと感じていたことも心地よく感じられるようになっていくはずです。

最初から自分が心地よいペースでやっていてもなかなか成果が出ないので、早く成果を出すためには、一旦は心地よさを捨てる勢いで頑張っていきましょう!

 

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するためにどのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入を作る方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

 

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひメルマガもチェックしてみてくださいね♪