▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

プラグイン『Contact form 7』の設定方法!お問い合わせフォームを設置しよう!






ブログにお問い合わせフォームを設置するためのプラグイン「Contact form7」の設定方法を解説します!

お問い合わせフォームは、ブログを運営する上で必ず設置する必要があります。

アドセンス審査の際に「お問い合わせフォーム」は必須とも言われていますし、

ブログで発信している情報が誤っている際の指摘など、一般の読者から問い合わせが来たり、

広告会社やASPから広告掲載の依頼の連絡が来ることもあります。

なので、トップページのわかりやすい場所(メニュー欄)にお問い合わせフォームを設置しておきましょう!

この記事では、「ブロックエディタ版」と「クラシックエディタ版」両方の設定方法を解説しています。

目次

Contact form 7』のインストール&有効化

まずプラグイン「Contact Form 7」をインストールして有効化します。

  1. ダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加
  4. 『Contact Form 7』を検索
  5. インストール
  6. 有効化

Contact form 7』お問い合わせページの作成

続いて、お問い合わせフォームの固定ページを作成します。

固定ページを作成する前に、お問い合わせフォーム作成に必要なコードをコピーします。

  1. ダッシュボード
  2. プラグイン
  3. インストール済みのプラグイン
  4. 「Contact Form 7」の設定
  5. ショートコードをコピー

Contact Form 7の設定を開いて、

コンタクトフォーム1に表示されているショートコードをコピー。

次にお問い合わせフォームを設置する固定ページを作っていきます。

「ブロックエディタ版」と「クラシックエディタ版」で作成方法が異なるので、お使いのエディタの解説をご覧ください。

あわせて読みたい
プラグインClassic Editorでワードプレス投稿画面をクラシックエディターに戻す方法 WordPress5.0から、新エディターである「Gutenberg」(通称ブロックエディター)がリリースされ、ワードプレスの記事投稿画面が以下のように変更されました。 クラシッ...

ブロックエディタをお使いの方はこちら

クラシックエディタをお使いの方はこちら

お問い合わせフォームをメニューに設置(ブロック・クラシック共通)

固定ページで作成した「お問い合わせフォーム」をトップページのメニューに設置しましょう。

  1. ダッシュボード
  2. 外観
  3. メニュー
  4. 固定ページのお問い合わせを「メニューに追加」する
  5. 「メニューを保存」を押す

「メニューの位置」は、お問い合わせフォームを表示させたい箇所にチェックを入れます。

それぞれのテーマでおすすめの位置は下記の通りです。

  • SWELLの場合:グローバルナビ
  • JINの場合:グローバルナビゲーション
  • SANGOの場合:ヘッダーメニュー、スライドメニュー

最後に「メニューを保存」をクリック。

ちなみに「SWELL」を使っている場合、私のサイトを例にすると「グローバルナビ」と「ピックアップバナー」はこの部分のことです。

以上で「お問い合わせフォーム」の設置は完了です!

お疲れ様でした♪

まとめ

この記事では、ブログにお問い合わせフォームを設置するプラグイン「Contact form7」の設定方法を解説しました!

広告会社やASPから広告掲載の依頼など、大事な連絡が来る可能性もあるので、必ず設置しておきましょう。

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するために、どのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入をつくる方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる