ワークライフスタイル

【稼ぐべき理由】お金儲けが世の中の豊かさに繋がる仕組みを解説した知恵袋がスゴイ

 

稼ぐことに対してなんとなく後ろめたさを感じてしまう人はいると思いますし、私も以前はそう思っていました。

でも、ある知恵袋の回答を読んでから「お金を稼ぐことで世の中が豊かになる」という仕組みを理解することができ、むしろ積極的にお金を稼ぐべきだと思えるようになりました。

 

その知恵袋の回答がとても分かりやすいので、ご紹介させていただきます^^

 

動画でも話しました!

 

稼ぐことで世の中が豊かになる仕組み

 

質問:お金を儲ける事に遠慮してしまいます

まずは知恵袋での質問をご紹介します。

お金を儲ける事に遠慮してしまいます。

自分でもおかしいと思っているのですが、自分が得をすればどこかの誰かが損をしているのではないかと考えてしまいます。

こういう考え方をなんとか払拭できないものでしょうか。

(中略)

具体的に言いますと、お金は無限に沸いてくるものではないから、自分が大金を手にすると、どこかの誰かが貧乏になるのではないかと思い躊躇してしまいます。

こんな考え方を改めるためにアドバイスを下さい、お願いします。

Yahoo!知恵袋より引用

 

私も以前はこの質問者の方と同じように考えていたので、なんとなくお金を稼ぐことは「悪」という感覚がありました。

しかし、この質問に対するベストアンサーの回答を読んだ時、まさに目から鱗のような感覚に陥りました。

 

回答:富という物は、増える物なのだよ

この質問に対するベストアンサーがこちら。

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。

 

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。

この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

 

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。

B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。

 

その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。

この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

 

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。

 

その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。

この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

 

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

(中略)

以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。

世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。

 

あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

 

たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。

つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

Yahoo!知恵袋より引用

 

イラストで図解を入れて紹介させていただきました^^

 

この回答、すごく分かりやすいですよね!

私はこれを読んで世の中のお金の仕組みを理解することができて、「お金を稼ぐことは悪ではなく、むしろ世の中のためにもお金を稼ぐべきだ」と思えるようになりました。

 

お金を「使う&稼ぐ」ことで豊かさを循環させる

 

以前は「お金を稼ぐ=自分のため」という感覚があったので、お金をいただくことに対してなんとなく後ろめたさを感じていましたが、お金を稼いだということは、自分だけでなく、払ってくれた相手も豊かになっているということなんですよね。

 

自分がお金を払うことに対しても「あんまりお金使いたくないな〜」と、あまり快く思っていませんでしたが、お金を払ったということは、お金に代わる価値を手に入れることができたということなので、自分も豊かになっているということに気がつきました。

 

みんなが貯金して誰もお金を使わなければ何も生み出されないままですが、お金を使ったり稼いだりすることで、世の中の富が増えていって、みんなが豊かになるんですよね。

 

このことに気づいてから、お金を払うことももらうことも、プラスのイメージに変わりました。

 

お金を稼ぐことは自分の幸せだけでなく、世の中の幸せにも繋がるので、私たちは積極的に稼ぐべきだし、稼いだお金を使っていくべきなんですよね。

 

まとめ

「稼ぐことで世の中が豊かになる仕組み」を解説した知恵袋をご紹介させていただきました!

 

お金は、ただ持っているだけでは何の価値も生み出さないので、自分も相手も豊かになるために使っていきましょう^^

 

【最強のコスパ】お金を増やしたいなら「節約方法」より「稼ぐ方法」を考えよう この記事では、節約方法を考えるより、稼ぐ方法を考えた方がお金を増やせる理由をご紹介します。 お金を増やしたいという気持ちは...

 

メルマガでは、自由に働いて豊かになるために私が何を考え、どう行動してきたのかということを発信しています。

ブログアフィリエイトで月に20万円以上の収入を得られるようになるための具体的なノウハウをまとめたコンテンツも無料でプレゼントしているので、ぜひメルマガ購読してみてください♪