▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

自分に合ったブランディングを見つけよう!魅力を最大限に引き出すには?






萌子

こんにちは、島田萌子です!

今回は、自分に合ったブランディングを見つける方法についてお伝えしていきます。

ブランディングとは、自分や自分の商品・サービスをどう魅せていくのか、どんなイメージを持ってもらいたいか、という軸を決めることです。

では、自分自身を商品として発信していく上で

  • どうやってブランディングを定めていけばいいのか
  • 魅力を最大限に引き出すにはどう考えるべきか

ということを、お伝えしていきます!

島田萌子の経歴

  • 2018年4月:保育士を退職&ブログ実践開始
  • 2018年10月:ブログで月収約25万円達成
  • 2019年1月:ブログと情報発信で月収100万円達成
  • 2019年:年収1000万円を達成

詳しいプロフィールはこちら

目次

周りの人からよく言われる自分の特徴

自分のことって、意外と自分ではよく分かってなかったりしますよね。

人から言われて初めて、「私ってそういうふうに見えてるんだな」ということに気づくことも多いです。

すでに自分で「憧れられるカッコいいブランディングにしたい!」とか「ゆるふわで読者に寄り添って共感されるようなブランディングにしたい!」「自分自身が全力で頑張ってる姿をみせて、応援されるようなブランディングにしたい!」など、

明確に「こうしたい」という軸が決まっていれば、その軸で発信してみるのがいいと思います。

でも、もし「どんな魅せ方をしたらいいんだろう?」というのが明確になっていないのであれば、これまで人から褒めてもらえたことを思い返してみたり、自分のことを知っている周りの人に、「私ってどんな雰囲気だと思う?」と聞いてみるのもオススメです。

私の場合だと

  • 安心感がある
  • 落ち着く
  • 癒やされる

ということを言ってもらえることが多くあって、「そんなふうに思ってもらえているんだな」と気づきました。

なので私は自分のそういう特徴を生かしていこうと思い、穏やかな柔らかい雰囲気で、読者に共感されるようなブランディングにしていこうと思っています。

人それぞれ、自分に合ったブランディングがある

人の良いところを参考にする

ブログやSNS・YouTubeなどで発信している人の中には、いろんなタイプの人がいますよね。

キレがあってカッコイイ雰囲気の人もいれば、面白くて和やかな人もいるし、

ゆるふわで可愛らしい雰囲気の人もいれば、ストイックなキャリアウーマンみたいな人もいます。

一度ブランディングを決めても、自分とは違うタイプの素敵な人がいると、「私もこういう風になった方がいいのかな」と思うことってありませんか?

私もこれまで、いろんな人の本を読んだり、いろんな人の発信を見る度に「私は今のままの魅せ方で良いんだろうか」と迷ったことも何度かありました。

人から影響を受けて良い部分を取り入れる、ということは、よくやっています。

元気よく動画で話している人の発信を見て、「もっと私もハキハキ動画で喋れるようになろう」と意識するようになったり、

おしゃれな人の発信を見て「もっと私も見た目に気を遣おう」と思ったり。

全部を自分に取り入れる必要はない

でも、全員の良いところを自分に取り入れる必要はないと思います。

成功者の真似をすることが成功するための一番の近道ですが、成功パターンって、人それぞれ違ったりもするからです。

違う考えや魅せ方を取り入れなくても、今のままの自分を貫いた方がいい場合もあります。

例えば、もし私がメンタリストDaiGoさんに憧れて突然キャラ変して、強めの鋭い発信をするようになったら、

これまで私の発信に「いいな」と思ってくれていた人が遠ざかるかもしれないですし、自分とは全然違うタイプの人が集まってきてしまうかもしれません。

キレのある発信者もカッコイイなと思いますが、私にはそういう発信は向いていないなと思いますし、そういう人が集まってしまうと私も苦しくなってしまいます。

なので私は、柔らかい雰囲気の発信をしていたいと思っています。

また、他の例を挙げると、欅坂46はカッコイイ系のアイドルグループのイメージですが、乃木坂46は清純派のアイドルグループのイメージですよね。

同じAKB系のグループですがそれぞれのグループの個性があり、それぞれの魅力があります。

乃木坂が欅坂を見て「かっこよくてイイな」と思って真似したとしたら、本来の乃木坂の良さが失われてしまうと思うし、逆も然りです。

人の個性をうらやましく思ったり、いいなと思ったとしても、その魅せ方が自分に合うとは限らないのです。

方向性を変えて試してみるのもアリ!

だけど、自分の考え方や魅せ方を変えようとしてみるのは、良いことでもあります。

女優の高畑充希さんは、以前はカッコイイ系でショートカットで活動していたときもあったみたいですが、髪を伸ばして女性らしい感じにしてから、女優として売れ始めたそうです。

また、起業家の宮本佳実さんも、最初はクール系のブランディングで発信していたそうですが、周りからは「可愛い系の方が似合う」と言われることが多かったそうで、可愛い系の雰囲気に変えて上手くいったと言っていました。

こういう風に、これまでの自分と変えてみることで、上手くいくこともあると思います。

今のままの自分がいいのか、変えたほうがいいのかって、結局は、やってみないと分からないですよね。

なので、何が正解か分からなくなったり、今のままの自分でいいんだろうかと迷うことがあれば、一度いまの方向性からブレてみるのもアリなんじゃないでしょうか。

「軸をブレさせちゃダメだ」と思って頑なに自分のこれまでのブランディングを守ろうとしなくても、必要に応じてブレさせる柔軟な軸を持っておいたほうが学ぶことも多く、成功にも近づいていくんじゃないかなと思います。

ブレることで初めて「やっぱり私はこのやり方が上手くいくな」というように、今までの考え方・魅せ方が自分に合っていたことが分かるかもしれませんからね。

ブレない軸を持つこともカッコイイと思いますが、ブレても大丈夫だし、むしろブレた方がいい方向性に転ぶ時もあるんじゃないかなと思います。

まとめ

「隣の芝生は青い」と言いますが、自分とは違う魅力を持っている人や違う成功の仕方をしている人をみると「いいな」と思ったり「自分もそうした方がいいのかな」と迷うことがあると思います。

そういう風に迷った時は「自分と向き合うチャンス」と思って、自分が今のままでいいのか、変えた方がいいのか考えてみましょう。

今のままを貫く方がいい場合もあれば、今の自分を変えてみることで得られる気づきがある場合もあります。

最初に決めたブランディングを、絶対に貫き通さなくても大丈夫なので、「こっちのほうがいいかな?」と迷ったら、一度方向性を変えて試してみてもいいですね!

ブレながら、徐々に軸が固まっていくこともあると思いますよ^^

あわせて読みたい
ブランディングとは?どのように考えるべき?価値を伝えるための7つの要素 ビジネスをやっていく上で、「自分や自分の商品・サービスをどう魅せるか」というブランドイメージを決めておく必要があります。 この記事では、ブランディングを定める...

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するために、どのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入をつくる方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる