情報発信

個人ビジネスにおけるブランディングとは?価値を伝えるために必要な6つの要素

 

個人ビジネスでは「自分や自分の商品・サービスをどう魅せるか」というブランドイメージを決めておく必要があります。

この記事では、ブランディングを定めるために必要な6つの要素をご紹介します!

 

個人ビジネスにおけるブランディングとは?

 

まずは、ブランディングとは何なのか、ということについて説明します。

 

シャネル、ルイヴィトン、ティファニーなどなど、ファッションブランドにもいろんなブランドがありますが、それぞれのブランドに世界観やイメージってありますよね。

イメージカラーがあったり、ロゴがあったりと、統一されたブランドイメージが打ち出されていますが、そのイメージをいいなと思った人が、そのブランドが欲しいと思うわけです。

つまり、ブランディングとは自分の商品やサービスのイメージを作るということ。

 

お客さんにどんな価値を感じてもらいたいのか、どう魅せたいのか、ということを考えていく必要があります。

 

価値を伝えるために必要な6つの要素

では、具体的にどのようにブランディングを考えていくべきか、自分の商品・サービスの価値を伝えるために必要な6つの要素をご紹介します。

 

①どう魅せたいかイメージを作る

 

自分自身をブランディングする場合、あなたはお客さんにどう思ってもらいたいですか?

ブランディングを考えるときは、「憧れ」「共感」「応援」の3つの要素を意識してみるのがオススメです。

1つに絞る必要はなくて、ファンを作るためには3つの要素全て大切ですが、自分はどの要素が一番強くて、どう思われたいのかというメインの要素を考えておくと、ブランディングの軸を作りやすくなります。

 

憧れブランディング

モデルや女優のように、見ているだけでワクワクしたり素敵だな、すごいなという存在になるのが憧れブランディング。

高級リゾートホテルとかも、普段は泊まれないけど、いつか泊まりたいなと思うような憧れの存在ですよね。

憧れ要素を強く出すためには、生活感やプライベートをあまり出さない方が良いです。

 

共感ブランディング

お客さんに「分かる!私も!」と近い存在に感じてもらうのが共感ブランディング。

雑誌の表紙を飾っているようなスーパーモデルよりも、読者モデルのように、自分と近い存在の方が共感を得やすくなります。

また、無印良品などの身近な商品でおしゃれに収納している様子を投稿しているインスタグラマーなども「自分にもできるかも」と思いますよね。

自分と近い存在だと感じてもらい、共感してもらうためには、プライベートや日常の悩みなども見せると効果的です。

 

応援ブランディング

アイドルやスポーツ選手のようにお客さんを巻き込んで応援してもらって、一緒に成長していくのが応援ブランディング。

クラウドファンディングなども、応援ブランディングのビジネスモデルです。

応援してもらうファンを作るには、自分の目標を宣言したり、叶えたい未来に向かって進む姿を魅せるのが良いですね。

 

②テーマカラーを決める

 

ブランディングイメージを作るために、テーマカラーを決めることは効果的です!

 

テーマカラーを決め、発信するサイトの色などはテーマカラーで統一すると、自分や自分の商品のイメージを作り上げることができます。

 

明るい・元気=オレンジ・黄色
可愛い・女性らしい=ピンク
冷静・クール=青・水色

というように、なんとなく色にはイメージがありますよね。

 

また、発信に使う色によって集まるお客さんの層も変わってきます。

ビビットな原色を好む人は、クールなイメージがありますし、パステルな薄い色を好む人は、穏やかなイメージがあります。

 

集めたいお客さんのイメージや、自分が「どんな風に見られたいか」というイメージからテーマカラーを決めていきましょう。

 

③肩書きは決める?

 

自分オリジナルの肩書きを作るのも、ブランディング要素の1つです。

キャッチーな肩書きだと気になって覚えてもらいやすいですし、肩書きがあると何をしている人なのかイメージしてもらいやすかったりします。

自分が何者であるのか肩書きを決めると、ブランディングも定まりやすく、発信もしやすくなります。

ちなみに私は「自由な働き方コンサルタント」という肩書きを名乗っています。

 

④名前は?本名は出すべき?

 

本名で活動している人もいれば、ビジネスネームをつけて活動している人もいます。

 

個人的には、本名を出せる人は本名で活動した方が信頼性が高まるかなと思います。

特に、インターネット上でビジネスをしていく場合などは「怪しい」と思われてしまうことはどうしても多いです。

ただでさえ「怪しい」と思われがちなネットビジネスで、本名ではないビジネスネームを使っていると、警戒されてしまう可能性があります。

 

ただ、ネット上で本名で活動することに対して不安があるのであれば、ビジネスネームで活動してもOKです!

 

その際、日本人には漢字の名前の方が覚えてもらいやすいと言われているので、フルネームの漢字でビジネスネームを作ることをオススメします。

 

⑤顔出しはするべき?抵抗がある場合は?

 

名前と同じ理由で、できれば顔出しした方が信頼性が高まりますし、覚えてもらいやすくなります。

会ったことがある人でも「名前は覚えてないけど、顔はイメージできる」という相手は多いのではないでしょうか?

それだけ顔の印象は相手に残るものです。

顔出しに抵抗がある人は、自分の代わりとなるキャラクターなどのアイコンを決めておくのが良いですね。

「このキャラクタ=自分」というイメージを作っておけば、その印象で覚えてもらえることもあると思います。

 

また、人は接触回数が多いほど相手のファンになったり信頼性が高まるという心理があるため、出来るだけSNSなどで顔出しする回数は多い方が良いと言われています。

何回も見ることで「この人見たことある」と印象に残ります。

 

⑥ファッション・髪型は統一する

 

ファッションのジャンルや髪型を統一することも、ブランディングイメージを作るのに効果的です。

 

「女性らしさを出したいのであればワンピース」
「親しみやすさを出したいのであればカジュアルなパンツ」

など、ファッションでイメージって結構変わりますよね。

 

どう見られたいかということも大切ですが、集めたいお客さんがどんなファッションを好むかということも重要です。

 

また、髪型で印象も随分変わってくるので重要です。

中には「売れるまで髪型を変えない」と決めて、イメージを定着させるために、同じ髪型を貫いたという方もいます。

 

まとめ

個人ビジネスでブランディングを作る6つの要素についてご紹介しました!

 

 

以上6つの要素を参考にして、自分や自分のサービスの価値を相手にしっかり伝えるために
ブランディングを定めていきましょう^^

 

メルマガでは、自由に働いて豊かになるための情報を発信しています。

ブログで月に20万円以上の収入を得られるようになるための具体的なノウハウをまとめたコンテンツも1通目に無料でプレゼントしているのせ、ぜひ登録してみてください!