▶︎【メルマガ特典】ブログを仕事にするガイドブック

個人ビジネスの場合、サービスや商品の価格は安くしすぎない方がいい理由






起業して個人でビジネスをしていくのであれば、サービスや商品の価格は安くしすぎない方が良いと言われています。

この記事では、なぜ価格は安くしすぎない方がいいのかという理由や、どのようにサービスを打ち出していくべきか解説していきます!

目次

価格を安くしすぎない方がいい理由

まずは、なぜ個人ビジネスで価格を安くしすぎない方がいいのか、その理由をご紹介します。

個人ビジネスは時間にも人員にも限界がある

値段を安くすると購入してもらいやすくなりますが、一方で、たくさん売らなければ収益を大きくすることはできません。

大手企業であれば大量生産・大量販売することも可能ですが、個人でビジネスを回している場合は、時間にも人手にも限界があります。

どのくらい稼ぎたいのかにもよりますが、個人ビジネスで価格を安くしてしまうと、大きな利益を出すことは難しいです。

安く大量に売るには、まず多くの人に知ってもらう必要があります。

ですが、個人が有名になって沢山の人に認知してもらうのは難易度が高いですし、時間もかかります。

そのため、個人ビジネスでは価格は安くして大量に売るよりも、質を大切に考えて値段設定をした方が良いですね。

安いとクレームに繋がりやすくなる

金額を安くすると「安いから」という理由で購入されることが多くなります。

ですが、「安いから」という理由で購入した人は、その商品やサービスをの価値も、その価格相応のもの(価値の低いもの)だと認識してしまいがちです。

結果的に、その商品やサービスの扱いが雑になってしまったり、内容に満足できずにクレームに繋がりやすくなってしまうケースもあります。

金額が多少高くても、それだけの価値があると思って購入してくれた方が、お客さんの満足度も上がります。

その方が売る側も買う側も、心地よい関係性を築きやすくなりますね。

どのようにサービスを打ち出していく?

では、どのように商品やサービスを打ち出していくべきなのかご紹介します。

金額に見合う価値をつける

一般的に、

  • 高い=高級・上質・良いもの
  • 安い=質素・価値が低い

というような認識がありますよね。

価格が相場よりも安すぎる商品って、お得感を感じる反面、「何か欠陥があるのかな」「人気なくて売れてないのかな」などと思って不安になることってありませんか?

かといって、価値に見合わない高すぎる金額設定にしてしまうと「高すぎるんじゃないか」と思われて購入されない可能性もあります。

市場調査をして、相場とあまりにもかけ離れた金額には設定しない方が無難ですね。

相場と同じような金額でも、商品やサービスの品質が低ければ満足度は下がってしまいますが、内容が充実していれば満足度が上がります。

しっかりと金額に見合う価値を打ち出していくことも大切ですね!

安さではなく、価値(ブランド)で勝負する

金額を安くしすぎない方がいいとはいえ、高いと売れないんじゃない?という不安もありますよね。

もちろん、同じ商品なら安い方を選びたいという人の方が多いと思います。

でも、「安いから」という理由で選ばれるより「あなただから」という理由で選んでもらった方が個人のビジネスは上手くいきます。

同じようなビジネスをしているライバルがいたとしたら、ライバルよりも安くしてお客さんに選んでもらおうとするのではなく、金額以外の価値で差別化することを考えるべきです。

例えば、私はコーヒーにはそんなにこだわりなないですが、スタバでコーヒーを飲むのが好きです。

豆の違いとかはそこまでよく分からないし、コーヒー自体にこだわりはないですが「コンビニのコーヒーでもいいじゃないか」と言われたら、そうではありません。

私はスタバのおしゃれな空間が好きだし、その空間でコーヒーを飲むという体験に価値を感じてお金を出しています。

金額だけで考えたらコンビニのコーヒーの方が安いですが、金額以外の「スタバというブランド・空間」に価値を感じているのです。

このように、自分のサービスをブランド化して、金額以外の価値を高めて「あなただから」という理由で選んでもらえるよう工夫することが大切ですね。

個人でビジネスをしていくのであれば「自分だからこそできること」を明確に打ち出していくことで、ファンになってくれる人ができていきます。

それに、「安いから」という理由で選ばれるより「あなただから」という理由で選ばれた方が嬉しいですよね!

自分自身の仕事のやりがいにも繋がるはずです。

あわせて読みたい
ブランディングとは?どのように考えるべき?価値を伝えるための7つの要素 ビジネスをやっていく上で、「自分や自分の商品・サービスをどう魅せるか」というブランドイメージを決めておく必要があります。 この記事では、ブランディングを定める...

まとめ

個人でビジネスをしていく場合に、なぜ価格は安くしすぎない方がいいのかという理由と、どのようにサービスを打ち出していくべきかについてご紹介しました!

自分のブランドを確立し、「あなただから」という理由でお客さんに選んでもらえるようなビジネスを考えていきましょう!

あわせて読みたい
松竹梅の法則とは?商品・サービスが売れるメニューの作り方と価格設定方法 商品やサービスを販売して売り上げをUPさせるには、どのようにメニューを作ったり価格を設定すれば良いのでしょうか。 この記事では、売り上げを伸ばすための価格設定方...

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するために、どのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入をつくる方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

MAIL MAGAZINE






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる