ワークライフスタイル

仕事辞めたいと思ってるあなたへ。社会人2年目で退職した私の体験談と伝えたいこと

「仕事が辛い」

「もう退職したい」

そのように思いながらも、
我慢して職場に向かっている人は多いのではないでしょうか。

辞めたいと思いつつも
家族を養うため、世間体、親の目線などが気になって
簡単には辞められなかったりしますよね。

私も以前はそう思って我慢しながら職場に向かっていましたが
新卒から2年間働いて、退職して起業することを決意しました。

この記事では、そんな私の体験談を交えながら
仕事を辞めたいと思っているあなたに伝えたいことを書かせていただきます^^

 

動画でも話しています!

新卒2年目から仕事辞めたい人が急増する理由

私自身が「仕事辞めたい」と頻繁に思うようになったのは
社会人2年目からだったのですが

社会人2年目から「仕事辞めたい」と思い始める人は
1年目よりも多いようです。

2018年にソニー生命保険が
社会人1年目の男女500人と社会人2年目の男女500人の
合計1000人に行なった意識調査で興味深い結果が出ていました。

全回答者(1,000名)に、最初に就職する(した)会社で、どのくらいの間、働いていたいと思うか聞いたところ、「定年まで働きたい」は社会人1年生では32.2%、社会人2年生では16.4%となったのに対し、「すでに辞めたい」は社会人1年生では8.6%、社会人2年生では27.2%となりました。

社会人1年目と2年目の意識調査2018より引用)

 

社会人1年目では「(最初に就職した会社で)定年まで働きたい」
と考えている人が2年目よりも多いにも関わらず

社会人2年目で「すでに辞めたい」と思っている人は
1年目の3倍以上という結果が出ているのです。

その理由としては以下のことが挙がっていました。

忙しい(仕事量が多い)

仕事量が多くて残業続きで
家族や友人と過ごす時間を確保できないという人は多いのではないでしょうか。

朝起きて職場に向かって仕事して帰って寝て・・・
の繰り返しで、趣味の時間を作る余裕もないほど忙しいという人は
私の周りの友人にも多くいます。

人間関係がうまくいかない

上司に理不尽に叱られたり、職場に苦手な人がいたり。

人間関係が上手くいっていないとかなりストレスが溜まりますね。

給料が低い

「こんなに大変な思いをして働いているのに、
これだけしかお給料をもらえないなんて・・・」

私も毎月の給与明細を見て嘆いていました。

どうしても周りの友達と比べたりしてしまいますよね。

休みが少ない

大体の会社がそうだと思いますが
そもそも1週間のうちに2日しか休みがないということが私は不満でした。

人生のほとんどの時間を
「辞めたい」と思っているような仕事に使うことが耐えられませんでした。

 

 

上記で挙がっている理由以外にも
様々な不満を抱えて「辞めたい」と思っている人は多いと思います。

 

期待と希望を持って入社してすぐの1年目の時は
もちろんモチベーションを高く持っているでしょうが

2年目以降になって仕事にも慣れてくると
色々と不満も出てくるものなのかもしれません。

 

私自身も、1年目の頃は毎日仕事を覚えるのに必死で
仕事で嫌なことも沢山ありましたが

まだ入社したばかりだし
「辞めたい」という発想に至らなかった記憶があります。

しかし2年目になって仕事も覚えてきて
色々と考える余裕が出てきたのか「辞めたい」と思うようになり
その気持ちは日に日に強くなっていきました。

 

辞めたくても辞められない理由って?

仕事を辞めたいと思っていても
実際に辞めるとなると、そう簡単に辞められなかったりもしますよね。

その理由としては以下のようなことがあるのではないでしょか。

せっかく入社したのにもったいない

せっかく入社したのに、辞めてしまうのはもったいない
と思ってなかなか辞められなかったりすると思います。

大手企業だったり、苦労して就職した場所だったりすると
余計にそう思うのではないでしょうか。

周りの意見や視線が気になる

辞めると言ったら
「親に反対されるんじゃないか」
「職場の人に迷惑をかけてしまうのではないか」などと、
周りの意見や視線が気になってしまうこともあると思います。

入社してすぐに辞めようと思っていたり、
何度も転職を繰り返していたりすると
世間体のことも気になりますよね。

まだ辞めるのは早いと思っている

入社してまだそんなに年数が経っていないと、
まだ辞めるのは早いと思うかもしれません。

特に入社1、2年目だと
「もう少し頑張ったら変わるかもしれない」
と考えたりすることもあると思います。

次にやりたいことが決まっていない

今の仕事を辞めたいとは思っていても、
次にやりたいことが見つかっていない場合は
辞めようにも辞められないですよね。

自分が何をしたいのかも分からなければ
現状を次に進むことも難しいと考えるのではないでしょうか。

 

社会人2年目で退職した私が伝えたいこと

私自身も、社会人になって「仕事辞めたい」と
思っていましたが、親の意見や今後のことが不安で
簡単に勤めていた職場を辞める決意ができたわけではありませんでした。

私は保育士として働いていたのですが
そもそも雇われる働き方がしたくないということに気づいて、
起業して自由に働きたいと思っていたのですが

親の意見や周りの目線をすごく気にしていました。

 

そんな私ですが
結婚と引越しをきっかけに退職する決意ができ、

社会人2年目の終わりを機に保育士を辞めて
3年目から起業して自由な働き方をすることにしたのです。

実際、私が勤めていた職場を退職して感じたことや
伝えたいことを書きました。

周りの意見も大切だけど、自分が一番大事

私は最初「保育士辞めて起業する」と親に言った時は反対されました。

「せっかく大学に行って勉強して保育士になったのに」
「1つの仕事を長く続けることも大切だ」
などと言われ、
確かに私も辞めるのは勿体無いとも思いました。

親は心配だからこそ反対しているのだと思ったし、
そんな親の気持ちを無下にするのは心が痛みましたが

それ以上に、辞めたいという気持ちの方が強かったです。

自分の気持ちに蓋をして
辛い毎日を我慢しながら過ごすなんて耐えられないと思いました。

最初は反対していた親ですが、
起業して私が楽しそうに生活している様子を見て
今は応援してくれています。

大切な人の反対する気持ちに逆らうのは心が痛むと思いますが、
周りの意見を尊重しすぎて、自分の気持ちに蓋をして
我慢しすぎてしまうのは良くないと思います。

 

また、上司に
「辞めるなんて無責任だ」「周りに迷惑がかかる」
などと責められて、辞められない状況に
追い込まれてしまうこともあるかもしれません。

私の友人も上司に「後輩が可哀想だと思わないのか」
と言われたという話を聞きました。

そのように言われたら、
自分が悪者のように感じて辞めづらい状況になってしまいますよね。

でも、あなたの仕事の代わりをしてくれる人はいるけれど、
あなたは、あなたしかいないのです。

時には周りの意見に耳を傾ける必要もありますが、
それで自分自身が潰れてしまう危険性があるのなら
勇気を持って逃げる覚悟も大切です。

今あるものを手放す勇気

『辞めたいけど「世間体」「地位」「安定」などなど
いろんなことが気になって簡単には辞められない』
そう思っている人は沢山いると思います。

いろんな理由があると思いますが、
結局は”手放す勇気“を持てていないからではないでしょうか。

「仕事を辞めて上手くいくか不安だから辞められない」
と先が見えない未来を選ぶのが怖いからこそ
ある程度先がわかっている現状のまま進むことを選択している人は多いと思います。

誰だって、知らないことに対しては不安だし怖いものですよね。

仕事辞めたいと思っているものの
なんだかんだ理由をつけて辞められないと思っているのは、
「今」を手放す勇気がないからだと思います。

その勇気が持てないと、今に不満を抱えながらも
現状を進んでいくしかありません。

現状を何とかして変えたいと思うのであれば、
「今あるもの」を手放す勇気が必要です。

捨てる神あれば拾う神あり
という諺もありますが、何かを得たいと思うのならば、
何かを失うかもしれないという覚悟は持っておくべきですね。

 

選択に迷う場合は、
自分の人生にとって何が一番大切なのか考えてみると良いと思います。

世間体、自由な時間、お金、愛情・・・

大切にしたいことの優先順位を考えてみると
自分が取るべき行動が見えると思います。

 

ちなみに私は起業すると決めた時に
「安定」を手放す覚悟で「自由」を手に入れました。

安定も捨てがたいと思っていましたが、
私にとって自由の方が大切だったので。

仕事を辞めたことに後悔はしていません^^

まとめ

仕事を辞めたいと思っているあなたに、
社会人2年目で退職して起業を決意した私から
伝えたいことをご紹介させていただきました!

 

仕事を辞めたいと思っても
なかなか辞める決意ができない人は多いと思います。

そんな時は、自分が何を大切にしたいのかという
優先順位を考えてみてください。

そしてぜひ、
自分自身の気持ちを大切にしてくださいね^^

 

過去の私と同じように
「仕事を辞めて自由な働き方がしたい」
と思っている方は、
ぜひ私のメルマガを購読してみてください!

自由な働き方を実現するためのヒントが得られるはずです♪