fbpx






ワークライフスタイル

【治し方】完璧主義で仕事が終わらない人へ。私はこの方法で楽になりました!

 

こんにちは、島田萌子です!

 

今回は、完璧主義で仕事が終わらない人に向けて、その治し方をお伝えします!

 

私は、普段は割とテキトーに生きてるタイプの人間なんですが、一度こだわりだしたら、納得いくまで仕事が終わらない状況になったことが何度かありました。

でも、ある考え方を取り入れるようになってから、サクサク仕事が進むようになりましたし、「仕事が早い」と言ってもらえることも増えてきました。

実際に私が取り入れて効果的だった考え方・方法についてご紹介します!

 

完璧主義で仕事がなかなか終わらなくて悩んでいる
完璧主義を治してサクッと前に進む方法が知りたい

という方は、ぜひ参考にしてみてください^^

 

完璧主義の問題点

まずは、完璧主義だとどんな問題が起こるのか、理解しておきましょう。

①やるべきことが終わらない

完璧主義の問題点1つ目は、「やるべきことが終わらない」ことです。

 

もちろん、1つのことにこだわって、丁寧に仕事するのは大切だと思います。

だけど、こだわりすぎて全然仕事が終わらないのも、困ったものですよね。

他にもやるべきことや、やりたいことがあるのに、1つの仕事がなかなか終わらなくて、全然他のタスクに取り掛かれなかったりするとモヤモヤします。

 

私は最初にYouTubeの動画を撮影した時に、1本10分程度の動画を撮るのに丸一日かけてしまったことがありました。

合計で何テイク撮ったのか、数え切れないほどやり直したことを覚えています。

他にも、ブログを書いたり、メルマガを書いたり、やりたいことは色々とあったのに、結局YouTubeの動画撮影で1日が終わってしまって、なんだかもったいない時間の使い方をしてしまったなぁという気持ちになりました。

それに、毎回1本の動画で丸一日かけていたら、他の仕事が全然手に付かないですし、動画の投稿頻度もかなり少なくなってしまいます。

 

こんな風に、1つのことにこだわりすぎると、全然仕事が終わらない・・という状況になってしまうという問題点があります。

 

②成長スピードが遅くなる

完璧主義の問題点2つ目は、成長スピードが遅くなることです。

 

例えばブログにしても、自分の納得のいく記事が書けなくて、なかなか投稿できずにいたら、いつまで経ってもブログにアクセスは集まりません。

実際に書いた記事にアクセスが集まるかどうかって、投稿してみないと分からない部分も大きいですし、投稿してみて初めて学べることも沢山あります。

「ライバルも多いキーワードだったしアクセス集められるか不安だったけど、意外と上位表示できたな」とか

「今回はあまりアクセス集まらなかったけど、原因は記事の内容の需要が少なかったからかな」とか、

投稿した後に初めて見えてくる課題や改善点もあるんですよね。

完璧主義なために、ずっと記事を投稿できないままでいたら、そういったフィードバックを受け取ることもできず、なかなか成長しません。

これも、完璧主義の問題点です。

 

完璧主義で仕事が終わらないときの3つの対処法

では、完璧主義で仕事が終わらない時に、どのように考えて対処していくべきか、私が実際にやってみて効果的だった方法を3つご紹介します!

 

①時間制限を設ける

1つ目は、時間制限を設けることです。

完璧を求めていたらキリがないですし、クオリティをあげようと思えばいくらでもできてしまいます。

なので、あらかじめ「何時までにこのタスクを終わらせる」という時間制限を決めておくのがおすすめです。

時間の制限があることで、「この時間内でできる限りのベストを尽くそう」という気持ちで取り掛かれますし、集中力もUPします。

 

②今の自分を受け入れる

2つ目は、今の自分を受け入れることです。

時間制限内に出来上がったものに対して、自分が100%納得できるクオリティじゃなかったとしても、それを受け入れることも大切だと思います。

 

以前に、オリラジの中田さんが話していて印象的だった言葉があります。

中田さんはYouTubeで、書籍の要約を話す動画をUPされていますが、動画を収録するために「この日に収録するから来てください」と観覧のお客さんを呼んでいるそうです。

収録日までに本を読まなければならない、という締め切りを設けているんですよね。

 

再生回数が上がってくるにつれて「間違えちゃいけない、完璧にやらないといけない」というプレッシャーがかかってきそうになる。

だけど【時間内にやれたものが、あなたの実力】と思うようにしている、と言っていました。

できなかったらできなかったで、これが実力だからしょうがないじゃん、と考えているそうです。

「進まないより、前に進んだ方が絶対いい」とも言っていました。

 

中田さんの話を聞いて、「この考え方素敵だな」と思って、私も取り入れるようにしました。

中田さんのように頭も良くてトークも上手なすごい人でも、そうやって自分と折り合いをつけながら進んでいるんだなと思うと、なんだか励みになりませんか?

 

自分で設定した制限時間内にできたところまでが、今の自分の実力。

たとえ完璧じゃなくても、進まないよりは、前に進んだ方が絶対にいい。

前に進んでいれば、少しずつ成長していくし、自分の実力も上がっていく。

だからとりあえず今は、100%満足がいく出来じゃなかったとしても、今の自分を受け入れて進んでいこう。

こう思うようになってからは、未熟な今の自分も受け入れつつ、前向きに行動を続けられるようになりました。

 

③7割で良いと割り切る

3つ目は、「7割で良いと割り切る」ことです。

最初から完璧なものを目指そうとすると、それがプレッシャーになって逆に手が止まってしまうことってありませんか?

1つ1つの工程を完璧にしてから次に進もうとしていたら、いつまで経っても終わらないです。

まずは7割程度の完成度でいいから、とにかく最後まで終わらせることをゴールに考えてみるのはおすすめです。

 

オリラジの中田さんも、

「最初から良いプレゼンをしようとするんじゃなくて、まずは身近な人に対して軽くアウトプットしてみる。

軽く話してみて、自分がまだ知識が浅いところが分かったらそこを重点的に補ったり、相手のリアクションを見て、プレゼンを改良させていく。」

と言っていました。

 

私もブログを書く時など、まずは勢いのまま、いったん完成させることをゴールにしています。

そして、とりあえず最後まで書き終えてから、細かい部分を調整したり、この部分はちょっと分かりにくいかな?と思うところがあれば、修正したりしてます。

 

「まずは7割程度でいいから仕上げる」というつもりでやっていくと、スムーズに進められるのでおすすめです^^

 

まとめ

完璧主義で仕事が終わらない人に向けて、その治し方をお伝えしました!

 

丁寧に仕事をすることも大切ですが、度を超えてこだわりすぎるとキリがないです。

やるべきことが終わらなかったり、成長スピードが遅くなってしまうという問題があります。

そうならないためにも、

  1. 時間制限を設ける
  2. 今の自分を受け入れる
  3. 7割で良いと割り切る

この3つの考え方・対処方法をぜひ参考にしてみてください^^

 

メルマガでは、私が起業して理想的なライフスタイルを実現するためにどのように考えて行動してきたのか具体的にお伝えしています。

  • ブログアフィリエイトで収入を作る方法をまとめたコンテンツ
  • PC1台で自由な働き方を実現する方法を学べる動画コンテンツ

 

を読者限定でプレゼントしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪